FC2ブログ

アオバセセリ幼虫


どこが目だか分からない (;_;)
スポンサーサイト



ミノガ

https://youtu.be/zDhmRbRYnwA

収穫

プルーンが収穫できた
トゲのある枝をかいくぐって 泣き泣き収穫
  熟すまでに近所の方々からすでに「予約」済み   目下 4軒の家に引き取られました(¨;)
プルーン

続きを読む

キノコ

先日 近くの山へアワブキの葉を採りに行った際に 足元にこんなキノコがあった。
手にとって見たのは良かったが 手に着いた「臭い」に閉口した。
元 有った場所に戻しておいたが 知ってる人なら食べられるか否か分かるのだろうが
昨今は恐ろしくて食べる気にならない。

キノコ
子どもの頃は あらゆるキノコを何の躊躇もなく採ってきて食べていたことを思うと怖い・・・
もっとも 料理してくれた 母親が安全の可否を知っていて食べさせてくれたんだろうが〜〜 (^_^);

----------------------------

続きを読む

スミナガシ幼虫の擬態


スミナガシ幼虫 どこに隠れているのでしょう・・

スミナガシ幼虫-4

続きを読む

スミナガシ幼虫の怪

枯れ葉の巣2度目
 ↑住まいの葉が枯れてきた。幼虫の現在地は下に落ちているフンで分かる。
 夜、真新しい紙をひいておくことで、所在確認が出来るのだ。


葉の移動3回目1-3号
↑ 葉が枯れると餌にならない・・・幼虫が柔らかな葉を求めて行方不明になる
卵から孵ってわずか2日なのに 折角作った住まいを別の葉に移動させられて
気の毒なことに〜  (昨日命名の1号 3号らしい)(4号は枯れ葉にも見当たらない・・・(;_;))

葉の移動3回目1号
 ↑ 2齢か3齢か分からないが発見当初大きかった1号君は移動させられると 直ぐに
新居作りを始めた。古巣の心棒に載せて新しい葉に移動したところ。

続きを読む

スミナガシの孵化後の行動

干からびた葉に住居作りをしていた幼虫を新しい葉に移したら、一晩で同じ規模の住居を作った。
主脈とその延長上に居る大きな幼虫。(便宜上1号)
その左上に当日孵化した1齢幼虫が葉の側脈を延長している。(便宜上2号君)

スミナガシ幼虫1号

続きを読む

葉っぱに虫が


未だ孵化していないスミナガシの卵、餌用に採ってきたアワブキ。今日葉の先に特徴的な喰い痕のあるモノが目に入った。
内心狂喜乱舞(-_-);
良く捜したら小さな幼虫が居た。   (@@;)
スミナガシ

偶然にも卵が着いた葉を採ってきたようだ。小躍り・・・
特徴的な頭部もスミナガシの様だ〜〜〜 ♪♪
スミナガシ幼虫

葉が幾分萎れてきていたので 少しましな葉に移ってもらった。

池の補修

池の補修後一日が経ったが 水位の低下は殆ど無いくらいに「直っている」♬(*‿*◔)♡
メダカが【左右】二つの池の間を行き来している。
次は冬場に雪で埋もれてしまうので、池に木材で蓋をする方法を考え無ければ・・・・
小さな池は そういう意味では便利 (^^)

池補修完了

続きを読む

池の修理

毎日 水道水を注入すれど 夕刻には半分以下に減ってしまう (;_;)
ちょっと 思いつきで場当たり的だが 余っていたセメントで修復を試みた。
元の池に薄く上塗り。
半日で乾いた様子なので、夜少し水をはって コンクリートのあく抜きをする事に。
明日もう一度水を入れ替えて その後は メダカの自由意志で(上の池に入れてある)往来して貰うことに。
池の修理1

池、池と言うが 洗面器池と称しているとおり 小さな水たまりが二つくっついているだけ。
大きさを 靴と比較してもらうと。。。。  (;_;)チイサイ
池の修理2
プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru
草花・虫・蛙や蜘蛛・時には野鳥など、飽きずに写す毎日。

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

ツノマタタケ コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ヒヨドリ ヤゴ アゲハ 冬芽 クサキリ ノアザミ ペンギン 石膏人形 タチヒダゴケ アオスジアゲハ ヤガタアリグモ 多肉植物 アクリル画 水彩画 あまがえる 台湾の蝶 ヒシバッタ カギバアオシャク アオオビハエトリ  キクザキイチゲ シュンラン アロニア ボンネットバス モミジバフウ メダカ コナラ コバンソウ クロトガリキジラミ クジャクサボテン カシワクチブトゾウムシ 貝殻 リョウメンシダ センニンソウ コオイムシ キタテハ ハルニレ ヒメマツバボタン 蝉蛻至楽 垂蛹 帯糸 帶蛹 ハネナガイナゴ オオバジャノヒゲ