アブチロン

アブチロン


アブチロン
 (チロリアンランプ?)

デュランタ

デュランタ

レンギョウ

レンギョウの種

ヘリグロテントウノミハムシ
(動画)

YouTube
スポンサーサイト

今日の花と虫

デュランタ2

デュランタ1(アート撮影)

デュランタ1

デュランタ2(同じ花 アート撮影)

オオバジャノヒゲ

オオバジャノヒゲ

ピンクセージ/リップセージ

ピンクセージ/リップセージ/ホットリップ


トリバガの仲間1

トリバガの仲間

トリバガ1

↑同じトリバガ  胴体から脚が出ているのが分かるが、その他の形態が皆目分からない変な虫

テントウ

池でもがいていた
 すくい上げてコナラのアブラムシ駆除隊に加えたが 蘇生できただろうか・・・

毛虫

スイトピーに多少の種ができたので 全草 刈り採った
いくつかの毛虫を見つけたが 写真を一枚撮って置いた
PCで見たらアブラムシも写っている
虫と植物の密接な関係?


植物と虫

蘭仲間

蘭の仲閒

多肉植物

多肉植物
五重ノ塔のような多肉植物

カメムシ

カメムシが鞘の中の豆を吸汁しているようだ
(キングサリの豆果)

続きを読む

レモンセージの花

レモンセージ

ジュズサンゴ

ジュズサンゴの苗

色々の発芽苗

色々の発芽苗
何だか分からず 種を蒔いたが・・・・ ??

アオギリ

アオギリ

ジャノヒゲの仲間

ジャノヒゲの仲間
葉より低いところで花が咲く種類
ナガバジャノヒゲか〜

続き ヤゴ  、 カナヘビの食事 (閲覧注意)

続きを読む

植物ランダム?

アズマシロカネソウ

アズマシロカネソウ
種子で増えるのか 毎年3〜5株は見ることが出来る。

ドクダミの花

ドクダミの花(八重)

ドクダミの実

ドクダミの実?(八重咲きの花の 花後)

ヒペリカムの仲間

ヒペリカムの仲間

キンシバイ

同じく キンシバイ

続づく


続きを読む

昆虫たち

バッタの幼生

バッタの幼生(多分 オンブバッタ)
ペパーミント、スイートバジルの葉が喰われていた。
やはり バッタの小さいのがいっぱい (;_;)

ヒメヒラタアブの仲間

ヒメヒラタアブの仲間
目下 庭の小花(総状花など)の受粉に大活躍
写真の花は ジュズサンゴ

トリバガの仲間

トリバガの仲間
先日の初見と同じ蛾のように見える
(と、言ってもこんな蛾の名前はとても分からない)

蛾未定

コチラも毎年見る蛾
○○ウワバという類


次ページは 閲覧注意
池に動物のフンが〜

続きを読む

二年ぶりに独りで山へ〜

ガレ場

片道25分という散策路(程度)なのに 一時間以上かかった
呼吸が 心臓が 脚が・・・
もう山行は 二度と無いだろうと思った (/_;)
(白兀山 ガレ場  2人連れ、家族連れが多かった )

アサギマダラ

苦しい中で 唯一 !
嬉しかったのは 一瞬だがアサギマダラに 出会えた事.。

クマヤナギ?

奇麗な実に心奪われた
(ネットの絵合わせでは) クマヤナギというのが ヒットしたが・・・
違うかしら〜
葉は並行脈で8〜9本
二年目に果実が実るとかで
(写真の右上 花は別の植物 (^_^);)

花芽があった↓ 
クマヤナギの花芽?

コチラがその花芽の様な部分
蔓(木質だが)の最先端、果実の上に見られた。

クマヤナギ果実

果実  奇麗な色 虫の入ったノブドウの様な配色も〜

クマヤナギ果実

果実
種子
種子の殻はとても硬かった。

アオハムシダマシ

山頂の掲示板にアオハムシダマシ?

象の鼻のような木

象の顔に見えたので写真を。
動画はココ


笹の花1

笹の花

笹の花

笹の花

カタツムリ

カタツムリ

ツルアリドウシ

ツルアリドウシ

虫や花

コモチマンネングサ

コモチマンネングサ?

ヒメヒラタアブの仲間

ヒメヒラタアブの仲間

モンシロチョウ

モンシロチョウ

アゲハとユリ

アゲハとユリ

続きを読む

植物

オオバギボウシ

オオバギボウシ

ユキノシタ

ユキノシタ

キランソウ

キランソウ
 キランソウは 目下この二つの花のみ・・・

アリュウム ギガンチュウム

アリウム  ギガンチューム
花後 


ブラックベリー

ブラックベリー
虫たちが 受粉に協力してくれたお陰?

マテバシイのどんぐり

マテバシイの どんぐり
二年目にさしかかっているので 今年は大きくなるかと期待

昆虫

タマムシ

タマムシ
サクラの葉などに 見かける

タマムシ1

日中活動するとかで 発見はし易いが なかなか居ない(;_;)

クサギカメムシ

今年にはいって 二回目だが いずれもキングサリの種子を狙ってのモノ
鞘にピッタリくっついて 吸汁しているようだ〜

ガガンボ交接

ガガンボ交接

アブラムシ出産 スイトピーの花

スイトピーの花で アブラムシの出産

アブラムシ出産
次々 胎生で産まれてくるが それらの子の中には既に孫が居るとか〜
産まれて1分もしないのに 動き始め体つきもみるみる大きくなっていく。

庭で今現在見られるアブラムシ類は キクの新芽付近 アメリカホドイモの蔓先部分 コナラ、ミズナラ、ナラガシワの葉の裏、写真のスイトピーの花殻 豆の鞘に見られる。時にアケビの蔓の新しい部分、カポックの新芽新葉など・・・
植物にとっては害虫なので 駆除はしたいが殺虫剤との兼ね合いもあって 難しい。
検索フォーム
リンク