FC2ブログ

ボラ待ち櫓とイサザ漁(能登の 古い写真)

↓すべての写真の出典は 鳳*郡 穴*町 町史から転載しました。(写真は一部加工)


ボラ待ち櫓1

ボラ待ち櫓
原始的な漁法で 櫓の上で 仕掛けた網にボラが 入るのを待つ。
写真の当時は 漁をしていた人も沢山いたようだ。
(白黒写真で画質から 昭和の初期のものかと思います)


ボラ待ち櫓

ボラ待ち櫓
(カラー写真🏞。  遠景は立山連峰か)

ボラ待ち櫓2

ボラ待ち櫓
近年は観光客に見せるために (漁場ではない)観光道路沿いに疑似的に設置。
人間の代わりに 人形を載せている

写真はボートに乗った漁師さんが、網を引いているのが写っているので、本物の櫓のようだ。

イサザ漁1

イサザ漁    白魚を撮るための漁法。
ココで言うイサザは シロウオのこと。琵琶湖沿岸ではイサザというが 日本海でもシロウオを指す)
また シラウオとは全く違うので ややこしい。


四角い網を仕掛け、その上を通るイサザを捕る。

イサザ漁2


イサザ漁は現在でも 春先の料理屋さんで、踊り食いや卵とじなど 需要があるので
シーズン中は鑑札を受けた人たちが、指定の場所で漁をしている。
ボラ待ち網 漁と同じく 一見 効率の悪そうな漁法に思える。
引き上げた網にノッた白魚は 柄杓ですくってまとめ、一合二合という単位で売り買いされるようだ。
(現在は単位の詳しいことは分かりません^^;  )


(出典:穴*町史より)
スポンサーサイト



ボンネットバス

ボンネットバス

古き良き時代に 海岸線を走った路線バス
未舗装の道路を 海沿いの集落をめぐる・・・

ナガコガネグモの卵嚢

ナガコガネグモの卵嚢


昨年暮れ ナンテンの枝に造られた ナガコガネグモ(の仲間)の卵嚢
当初 親が生きていたのだが いつの間にか自分の体を網にくっつけたまま 死んでいた。
しばらくして 親の死骸は無くなってしまった。
そのうちナンテンの葉が枯れ、葉柄もポロリポロリと落ちて、今や一本の葉柄にぶら下がっている。

ナガコガネグモの卵嚢1


卵嚢にくっついている 枯れた長い葉柄が風に舞うので取り去った。
Wikipediaによると 中には900匹にも及ぶ幼虫がいて、今春には一回目の脱皮をした後、
ゾロゾロと出てくるらしい。
「蜘蛛の子を散らす」シーンは何度か見ているが、好きになれない(-_-;)

47秒動画 ↓



在りし日の親グモ
201910ナガコガネグモ

冬知らず

カレンジュラ


寒い一日でした。
カレンデュラの仲間。

苔 たち

koke(0)

苔たち
複数あることが判る程度で 個別の名前は判らない

koke(1)


koke(2)


koke(3)


koke(4)


koke

↓gif
koke(g1)

↓gif
koke(g)

ギンゴケ

苔
側溝の掃除をしていたら 目立つ苔が・・・
三種類が見えるが名前は?と言われると (-_-;)
上方には蒴が伸びている苔。
ギンゴケ

ピント合わせは勘でだったので取り込んでみたらピンぼけでした^^;

白っぽいのは ギンゴケか?
左上には かすかにヘラハネジレゴケとおぼしきものが見える。
コチラは芒が長く伸びていて特徴的。

ギンゴケ2

ギンゴケも白っぽいので 特徴的。
(蘚苔類の名前は皆目わからないので、違っている可能性 大です(-_-;))

ツワブキ ・ ネズミ

ツワブキ

ツワブキの綿毛



自転車

朝 家内が自転車のサドルを見てご覧〜〜〜と言うので、
何だろうと思いつつ 見てびっくり アチャぁ-

サドルのカバーをネズミがかじって穴があけられていた。
中のスポンジがこぼれて 大変なことに。

冬場になって ヒヨドリの餌にと出した食パンが、持ち去られる被害に遭ったり、
家の土台の換気口のプラスチックが食い破られ、床下にネズミが入ったりしていた。

殺鼠剤を撒いても食べる気配は無し。
殺鼠剤と食パンを置くと パンだけがなくなって薬は残されるというありさま。


やはり捕獲用のネズミ捕り器でも買わなくては〜ヒヨの餌が無くなるし、
ヒヨも遠ざかるだろうし  う〜ん〜(-_-;) 迷うところ。

無益な殺生もなぁと考えていた矢先、
庭に来たヒヨドリを室内から動画撮影していたら、ヒヨドリの下をネズミが・・・・

動画は気の弱い方にはお勧めしませんが〜   ココにあります

節分飾り

節分飾り



節分飾り
とあるお店のディスプレイを写しました(加工あり)

どんぐり & アオスジアゲハ

アラカシ

アラカシだろうか、ランチに行ったお店の庭で3個拾いました。


アオスジアゲハ屋外

庭の鉢植えクスノキの葉っぱがほとんど無い枝が有ったので、もしやと思い鼻水をすすりながら寒空で探しました。
その甲斐あって 葉の裏に蛹が一頭 見つかりました。
ただ 初めて見る色の黒さに アゲハの越冬蛹かと思いました。
とんがったこの形は アオスジアゲハだと確信するのに時間がかかりました。

アオスジアゲハストロボ

ストロボ照射で撮ると 少し黒さが隠れるものの、肉眼ではすでに死んでいるのではないかと
思うくらいの黒さです。
周辺の葉に擬態していなくは無いのですが、オラの目はごまかせないゾ σ(^^)

追記↓
翌日 再度 撮ったアオスジアゲハの蛹
アオスジアゲハ蛹室外


------比較参考写真ーーーーー
アオスジアゲハ
ちなみに室内で保護している アオスジアゲハの蛹です。


アオスジアゲハ蛹室内

大抵は 透き通った緑から 黄緑色が普通です。
以前 帯蛹の切れたさなぎの写真をアップしましたが、その後健康そうにみえます。
(普通の蛹の色を保っているように見えます)

ブラックベリーの葉

ブラックベリーの葉

ブラックベリーの葉


センリョウの実

センリョウの実と種子
 
カメムシの仲間

植木鉢を動かしたら カメムシの仲間がいた


カメムシの仲間

カメムシの仲間
プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru
草花・虫・蛙や蜘蛛・時には野鳥など、飽きずに写す毎日。

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

ツノマタタケ コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ヒヨドリ ヤゴ アゲハ 冬芽 クサキリ ノアザミ ペンギン 石膏人形 タチヒダゴケ アオスジアゲハ ヤガタアリグモ 多肉植物 アクリル画 水彩画 あまがえる 台湾の蝶 ヒシバッタ カギバアオシャク アオオビハエトリ  キクザキイチゲ シュンラン アロニア ボンネットバス モミジバフウ メダカ コナラ コバンソウ クロトガリキジラミ クジャクサボテン カシワクチブトゾウムシ 貝殻 リョウメンシダ センニンソウ コオイムシ キタテハ ハルニレ ヒメマツバボタン 蝉蛻至楽 垂蛹 帯糸 帶蛹 ハネナガイナゴ オオバジャノヒゲ