FC2ブログ
2021/03/31

モンシロチョウ ケラ

モンシロチョウ


モンシロチョウ
交接中



ケラ

ケラ
畑の草取り中に


ガガンボの仲間

ガガンボの仲間
庭で


カラタチバナ

カラタチバナの発芽
野鳥の冬の餌用にキープしていたカラタチバナの実
不人気で腐りかけの実に 発芽したものが 沢山見つかった
かなりのものに 二本芽を出していた

イカリソウ

イカリソウ
(日本海側は白花が多く見られるそう)

スポンサーサイト



関連記事

続きを読む

2021/03/30

センボンヤリ スズメノヤリ

石膏人形
石膏人形 「爆睡ネコ」



センボンヤリ
センボンヤリ 春の花


スズメノヤリ
スズメノヤリ
こちらは 槍と表現されても納得


スノーフレーク
スノーフレーク
この模様がなんとも言えずかわいい


シロヤマブキ?
過日 不明の双葉は どうやらシロヤマブキのようだ
親株の下には 同じものが大量にあった (;_;)
発芽率は高い

ハルニレの切り株
畑そばの ハルニレが バッサリ伐られた
左の切り株
右の切り株はエノキ


ハルニレの有ったところ1
この場所に有った
奥に向かって松の木が10本ほど伐られた
車はインターチェンジから出てきた車
この先 一般道に合流する


ハルニレ
昨年5月のハルニレ


ハルニレ果実
果実時期にはこんなにたわわに実っていた。
松の木は苦情も有ったかと思うが ハルニレまで多分 なんの検証もしないままに切ったと思われる。
落ち葉も果実も 落ちても どこにも迷惑がかからない場所だ。

悔しさが募る
関連記事
2021/03/27

カタクリ イカリソウ コクサギの花

カタクリ


カタクリが満開
蜜標がとてもきれいに見える


イカリソウ


イカリソウも満開


シモクレン

シモクレン
大きな花

コクサギ

コクサギ
小さい花
幸い一つの鉢に 雄株 と雌株があって 2種類の花が咲いている
果実が期待できるか? (^_^;)
写真は 雄花序


ムスカリのコバチ

ムスカリ
こちらも小さい花ながら コバチは花粉まみれになって出入りしていた


アマガエル

アマガエル
この春 二匹目だろうか
昨日発見したのは少しヤセガエルだったような
こちらは ふっくらした 本来のアマガエルの躰に見える
関連記事

続きを読む

2021/03/26

踊る猩猩

ショウジョウバカマ

踊るショウジョウバカマ


エンレイソウ幼苗

エンレイソウの幼苗
そばにヒメカンアオイ


ヒメカンアオイ

ヒメカンアオイの花の中


タチツボスミレ

タチツボスミレ??
少し変異しているようだ



スズメノヤリ

スズメノヤリ

コバンソウとムスカリ

コバンソウとムスカリ
コバンソウの長い葉は 右側の短い葉と同時に撒いたものだが、
冬の間室内(長い葉)と屋外(短い葉)においたものの違い。

オランダミミナグサ

オランダミミナグサ
道路沿いの雑草として有った

ミスミソウ
我が家のミスミソウ


ミスミソウ6

大型園芸店の山野草の棚にあったミスミソウ
なんと銘が書かれてあって 6500円ほどだった。

↓その隣に塩ビポットの苗が 2100円ほどだった。
買う人がいるのだろうか (-_-;)

ミスミソウ (1)

関連記事

続きを読む

2021/03/25

初見アマガエル 春の草花 アクリル遊び

アマガエル

今年初のアマガエルくん
ちっちゃいのによくまぁ冬を耐え抜いたネ(^^)♪


アズマシロカネソウ
アズマシロカネソウ


カタクリ
カタクリ

ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ


キクザキイチゲ
キクザキイチゲ


シュンラン
シュンラン



関連記事

続きを読む

2021/03/22

今日の庭で

メダカ
メダカもゆったり


ムスカリ(マウンテンレディ)
ムスカリ マウンテンレディ
ネーミングがピッタリだと思う
なんとなく富士山をイメージしてしまう


ムスカリ(アルメニアカム)
ムスカリ アルメニアカム


苔とサク
苔の蒴がささやきあっていた


オスグロハエトリ
オスグロハエトリの雌(?)
全く同じ写真でヤハズハエトリの雌とするサイトも有ったが
褐色の帯の端末に黒い斑紋があればオスグロハエトリの雌
書かれているサイト様もあって、なにか確信に満ちたこの名前にした。
同名でも模様や色が様々で 蜘蛛の名前なんてやっぱり判らない。


ヒヤシンス2
ヒヤシンス2


ヒアシンス1
ヒヤシンス1


ヤマネコノメソウ
ヤマネコノメソウの目?

スミレの仲間(タチツボスミレ?)
スミレの仲間
庭にもタチツボの交雑種や変異種が有って 微妙
タチツボスミレ?


不明の双葉
まだ 名前不明の双葉
中からぎざぎざした葉が見える
双葉はとにかく かわいい
関連記事
2021/03/21

ハルニレ 小さい甲虫類 キランソウ カタクリ

ハルニレ

ハルニレの冬芽が開き始めた。
貴重なハルニレの苗になってしまった。
悲しいことにこの苗の親木が伐採された。
高速道路の法面そばに、わずかばかりの畑を借りていて、その法面に「春楡の木」があったのだ(↓写真参考)
・・・・
NE*CO*日本が 数日前にバッサリと切り倒した。
果実期には ハラリハラリと「羽根付き種」が舞い降りて、畑の柔らかい土には毎年発芽していたのだ。
その苗を植木鉢に植えたのが 当家の庭にある。(昨年の鉢植え写真↓参照)

以前は一帯に松の木など大きな樹種が沢山有ったのだが、数年前に松毛虫が酷いという
道路沿いの住民の苦情が有ったとかで、間引き状態で松が伐られた。
ハルニレの周囲は大半伐られ、ハルニレとエノキが重なっている写真の木々が残された。
それでも ヒヨドリやカラスや多くの野鳥のたまり場(?)で、家に来るヒヨドリの
中継点でもあった。 畑作業をしていると波状飛行で 当家の方へ飛ぶ姿を見たことがある。
法面にはフキノトウやコバンソウなどが出るのだが、すべて伐採されたので日陰がなくなってしまった。

道路の騒音も民家に直に届いて やかましそうだ。
なにか苦情が有ったものか 管理が面倒だからこの際 切っちゃえとの命令が出たのか〜
上り下りの車線の高架橋の間に、ヒマラヤスギが有ったのだが、それも10年ほど前にバッサリ。
畑そばのハルニレの木は、毎年写真を撮って楽しみにしていただけに、喪失感が残る出来事となった。


ハルニレとタンポポ

ハルニレとタンポポ

ハルニレ

ハルニレ
ハルニレとエノキ(右下のシルエット)がほぼ根本を一にして生えている。
多分エノキの方が 野鳥の自然種子散布で、後から成長してきたのだと思われる。
(2020.9 撮影)


ハルニレ鉢植え

鉢に植えたハルニレ(画像加工:色が強調されています)
(2020.12 撮影)

ーーーーーーー小さきものーーーーーーーー


ヘリグロテントウノミハムシ

ヘリグロテントウノミハムシ
まぁ 小さすぎて・・・
跳躍すると 見失ってしまう。
厄介者。
過去動画 https://youtu.be/Ns6x3gd81LU

ヒメカメノコテントウ

こちらは室内に居た。
ヒメカメノコテントウ
こちらも小さすぎて・・・
布の上にいたが ボールポイントペンのペン先と見比べても小ささが判る〜


キランソウ

キランソウ
こちらも小さな花で まだ葉っぱに埋もれてよく見えない。


カタクリの蕾

カタクリの蕾が 4個。
最初は葉に包まれて上向きの蕾が成長。花柄が伸びるに従い下方に垂れる。
三本ある方の左側の花は一番先に萠出して、日差しが有った日に 半分開いたのだが
今日は寒くて閉じたまま。
全開すればしたで、いつ枯れるかと気になる 春の妖精。

関連記事
2021/03/17

サクラ 散る

メダカの群れ

メダカ池にサクラの花びらが浮く

サクラの花びら
サクラの花びら(マメザクラの仲間)
水に落ちて 1~2日たつと 花びらの肉質部分が溶けてなくなる


サクラの花びら1

葉脈標本ならぬ 花脈?標本に~


ゴマキ

ゴマキ



ヤブニッケイ
ヤブニッケイ


チャノキ
チャノキ



モミジバフウ

モミジバフウ
関連記事
2021/03/15

黄色い花 白い花 ピンクの花

ヒメリュウキンカ

黄色い花   ヒメリュウキンカ


レンギョウ

黄色い花  レンギョウの仲間


ミヤマカタバミ

ミヤマカタバミ


クロッカス

白い花   クロッカス


キンキマメザクラ


庭のサクラ
コロナ禍で 花見もままならないご時世(;.;)
数日の間だが 花見気分

サクラの上に 柿の木の枝が重なっています
サクラは満開ですが、今の柿は 枯れ枝状態です
昨年は柿が豊作でした~今年は実が少ないかなぁと思っています

関連記事
2021/03/14

カタクリ ミスミソウ ヒヤシンス 椿 近畿豆桜

カタクリ

カタクリが 顔を出した


ミスミソウ

ミスミソウも顔を出した


ヒヤシンス

ヒヤシンス

椿

早くに咲いた 椿が落ち始めた

キンキマメザクラ

キンキマメザクラ


夜桜キンキマメザクラ

夜桜
関連記事

続きを読む