アオバセセリの怪

アオバセセリ

昨日まで棲んでいた住居の屋根が喰われて無くなっていた。

アオバセセリ 幼虫

まるまると太っている。  丸見え。
アオバセセリの住居

アオバセセリの幼虫の住居については 自分なりに考察した部分がある(^_^);)

幼虫が大きくなってきて 窓の無い住居(葉を閉じただけのもの)に入った最初を1の巣、次いで入ったのを2の巣、(今日)屋根まで食べた写真のモノを3の巣とする。
1の巣は葉脈を残して葉の先の方に作られた。付け根は主脈だけでぶら下がっている。
2の巣へ行ったときは 粗い糸目で閉じた巣で、暫くして1の巣に入っている事もあった。
古巣に戻ったと言うことだった。その後2の巣へも入っている。
葉柄の近くまで葉を食べて その後3の巣へ・・

3の巣を作り 2日間居ただろうか、今日は巣材の葉を喰って 丸見えになっていた。
その後 気づいたら、1の巣に戻っていた。かなり窮屈そうだが 頭を入り口にむけ お尻は葉先
(トイレと呼んでいる)に向いていた。
蛹に成ると白くなると見聞きしているのだが、この1の巣は白っぽくなっている。
側脈を切られたので 葉が枯れたと思うのだが何かしら 排泄したものの所為で白くなっているのではないかと
思うのが 勝手な考察なのである。
蛹の色をカムフラージュする為に 白く変色させているのではないかと思わせる 白さなのだ。
もともと アワブキの枯れ葉は白っぽいのだが・・・

アオバセセリ(巣の中)

そうして(目下) 1の住居に入っている。
写真では分かりにくいが、葉の裏はマダラに白っぽい。
(申し訳無いが 写真を撮らせてもらった)

アワブキに居た幼虫

餌用のアワブキに見知らぬ幼虫がいた。
粉状の小さなフンが落ちていたので アワブキを食べているのかと思われるが、フンだけでは アワブキを食しているかどうか〜明日以降観察が必要だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク