2015-10-06(Tue)

テイカカズラ

テイカカズラだと思われる 若齢樹
とは言え 何回も鉢植で秋を迎えている
紅葉がとても見応えがある

エゴの実
エゴの実が ポタポタと落ちる
時に 草を取っていると 頭にあたることも

オキナワスズメウリ
オキナワスズメウリの 実がいくつか成った
気温が下がり始めてから 花が咲いて 花が咲くと即座に実が膨らむ
一緒に植えたのに 2〜30cmしか伸びなかった苗もある (-_-);

ツタウルシか?

自然発芽で 良い色合いの葉があったので 写真を撮った
これって ツタウルシでは
以前 ハンギングで秋色を楽しんでいたことがあって、名前と"かぶれること"が分かった時点で
即 捨てた事を思いだした。
鈍色で良い色なのだが〜

ニホンアマガエル
鈍色と云えば ブロンズ色のアルミサッシと壁の白色のあわいで 誠に不思議な色を醸していた蛙
深緑とブロンズ色に白を混ぜたような混色状態で 左右の色の折衷案でこうなったのかとおもうと蛙の体の中で絵の具を混ぜているようだ
スゴイ能力を感じた (^_^);
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

驚きの色

ほんとに絵の具を混ぜたみたいな色!
Omagaeruさんの表現も上手いです(^^)
こんな色になることもあるのですね。

ツタウルシはきれいですが、かぶれると怖いですから、残念ですね。

オキナワスズメウリの実は一つだけ赤くなりましたが、傷んでいるようでもあり、今年は皆赤くなれないのかもしれません。

川の水が津波のように怖いということを今年は知りました。

カエルの能力

こんばんは
かぜくささん。
いつもコメントを有難うございます。
庭で見かけることは 限られていて、カエルの「周囲への色合わせ」のような 些細なことを ついからかってみたくなります。
擬態に必死のカエルには気の毒ですよね。
この場所で 鳴き合わせすると 遠くからカエルの声が返って来ていることを考えると 高くて 反響する場所を選んだのではないかと想像したりして〜
やはり カエルはエライなぁなどと 感心しています。
いつも 根拠の無い話で 惑わせて(-_-);無視
して下さいネ
プロフィール

Omagaeru

Author:Omagaeru
小さな庭で観察出来る生き物たち・・・・

最新記事
miniアルバム
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク