カタヒバの森

カタヒバ

カタヒバの森
大きめのビニールポットに増えすぎた カタヒバ
本来はキアゲハ用に準備していた「セリ」のポットだったが 侵入したシダに乗っ取られた感がある。
捨てようと引っこ抜いたが 根鉢のままほったらかし〜 (-_-);
ちょっと見 大きな森を連想してしまった。
狂い咲き(タチツボスミレ)

寒空に一輪 タチツボスミレだろうか 狂い咲き?

狂い咲き(コデマリ?)

こちらも 狂い咲き?
木の枝の一番先っぽに 一輪
冬場にこんな花を見たことが無い木なので 狂い咲きと思うのだが〜
元が何の木だったか 忘れた(/_;)ボケ爺
(追記:タチバナモドキでした)


コデマリ

五月のコデマリには 鋸歯付きの葉が写っている。

不明の花(狂い咲き)
花の周辺を写したが 葉には 殆ど鋸歯が無いようだ。

明日にでも樹木名を確かめたい
(追記:タチバナモドキでした)
====================
キンシバイ&小手毬


コデマリとタチバナモドキ(狂い咲き)を並べました(左:コデマリ枯れ葉)

キンシバイ種子の後


タチバナモドキは 家の近くで数十本 道路沿いに有る・・・

ヒペリカム

庭には ヒペリカムとユキヤナギがあります。(写真:ヒペリカム 共に狂い咲きの木とは違いました)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

根鉢のままって面白いです~(^^)
キンシバイでしたか!
タチツボスミレに春の山道を思ってしまいました。

ラカンマキでは勘違いさせてしまいました!
発芽のしかたもいろいろですね。

こん♪♪は かぜくささん。

タチツボスミレで 春の野辺を想起するなんて・・・野山好きのかぜくささんらしいです。 (^^)

キンシバイの木の花のようなものですが、シベ花びらは全くキンシバイのそれとは異質です。
萼が無くて葉っぱが花びらに続いています。何かしら先祖返りの形態なのでしょうね。

ラカンマキの事 ハズカシイ限りです
(-ε-);
検索フォーム
リンク