2016-04-11(Mon)

蟲虫デー

スミナガシ
今日は昆虫デーだった。
ヒメカンアオイを分解していたら 窓辺でパタパタ音がする ?ん

スミナガシが居る (@@;)
昨日 アオバセセリが羽化していて 外に放った(後日談=後述)が
昨年アワブキの葉を採って 餌として与えていたのだが、その際にスミナガシの幼虫が一緒に付いてきたのだとおもう。
スミナガシの蛹は記憶に無く 遁走して室内に蛹化していたのだろう。
驚いた・・・・・・

スミナガシ-ジュース

早速 リンゴジュースを与えて 本来 山へ連れていって放てば良かったが ヒメウツギに載せて写真を一枚。
数分離れている隙に 飛んでいってしまった。 (>_<)
ジュースを吸う動画はかなり撮ったので まぁ 有難うと言うしか無いか・・・

スミナガシヒメウツギ

ヒメウツギの花に載せた〜
この後 居なくなった (^_^);
アオバセセリ

(↑↑先述の後日談〜)アオバセセリの事
昨日 外へ出した際に 数メートル飛んで ユキノシタの葉に止まった。
写真を撮っていると 空高く舞い上がって どこかへ行くモノと思っていた。
道路の上で 一階の屋根近くへ〜
暫く舞って 何故か僕の頭めがけて急降下(したように思えた)
その瞬間 見失ってしまった。

今日の午後、室内で写真を撮っていると またもやスミナガシの居た窓際にパタパタするモノが。
見ると アオバセセリの成蝶が居るではないか。
え? そういえば 昨年、バケツにアワブキを入れて飼育し始めたときに、二頭の幼虫がいたハズ
直ぐに一頭が遁走して 最後白い蛹になったのは 一頭のみ。
きっと どこかで蛹化して 羽化したのだろうと ♪♪(*^^)v 
スミナガシにあげたリンゴに載せてあげると 必死に吸蜜状態に・・・

よく見ると 羽根が少しこすれて 鱗粉が取れた様に見える。
まさか 昨日飛び去ったハズのアオバセセリが再度室内に?
いや 二頭目のハズ?  (混乱);
良く観察すると 昨日のセセリは写真を撮った時に しきりにストロー(二本ある)を交叉させて「しごいていた」
二本が並行になることはなく交叉したままだった。蛹が少し傾いていたので 変形したのか?と
考えていたのだが  (今日の)このセセリもストローが交叉しているようだ。
とすれば 想像するに 昨日 急降下した際に 僕の背中かどこか 衣服にくっついていて
そのまま 室内に入ったところで エスケープ
今日まで室内にいたのだと思う。
何となく可愛くなった。
リンゴの上に載せたまま外に出したが 夕方近くで寒くなって来ていたせいか そのまま暗闇になってしまった。
仕方なく そっと室内に入れてある。
明日は日本列島冷え込むと予報されている。

不明の虫

庭仕事をしていたら 地面から妙な幼虫?が出て来た。
ケラか蝉の幼虫のような前肢がある。
何ものか分からないので また地面を掘って そっと土を被せたが 生き延びられるかどうか。

トベラキジラミ?
ヒメカンアオイの花の上に居た。
絵合わせをすると キジラミの仲間のようで有る。
羽根がかすかに ベッコウ色をしていて、トベラキジラミというのに 似ている。
庭にはトベラの木があるので可能性が高い。
ヤナギキジラミというのも似ているが 柳は無く トベラキジラミかと思われる(不明)

マルトビムシ

ヒメカンアオイの中に マルトビムシの仲間が居た (@@;)
おなじ花にハシリダニのようなものと棲んでいるようだった(^^)
写真も動画も難しく ボケてばかり(T_T)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

スミナガシとアオバセセリの蝶が間近で観察できることは貴重ですね。
餌の心配はありますが、羽化させるのは楽しそうですね。
どちらの蝶もきれいだったことでしょう。
アオバセセリはOmagaeruさんと別れがたかったのでしょうか(^^)!
可愛いですね。
土の中の幼虫は誰なんでしょう!
ケラだったらいいのですけれど。
生きたケラを見たことのない私です。
マルトビムシもいたのですか!
いろいろな動画も楽しみです(^^)

かぜくささん 今日は(^^)/

 今回のアップは 混乱続きで、書いたので 話が見えないでしょうね(T-T)
実はヒメカンアオイの花の中に 貴ブログ掲載のトビムシの仲間が居たという事で 定宿のごとく棲んでいるのではと 興奮してしまいました。
同じ時期に 遠く離れているのに 観る事が出来たのが 嬉しくて〜
それにしてもマルトビムシの小さいことと言ったら 見逃すと再度見つけるのが大変な上に ピョン と飛ぶんだから (T-T)
貴サイトの「求愛行動の動画 」 良く写されたと感心してしまいました。

蝶の羽化が立て続けにあったため 混乱に輪を掛けて m(._.)m
いつも 有り難うございます。
プロフィール

Omagaeru

Author:Omagaeru
小さな庭で観察出来る生き物たち・・・・

最新記事
miniアルバム
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク