2016-06-19(Sun)

庭の散水が大変 (;_;)

オオバジャノヒゲ

オオバジャノヒゲ//かなり存在感のある花穂が咲く

ホヤサクララン
ホヤサクララン・・コチラは栄養不足であまり大きな花にはなりそうにない

キンシバイ

キンシバイ だったろうか

ヒペリカム

ヒペリカム

プルーン

プルーンの木が枯れた(T_T)
今年は受粉率も良かったのか 全ての枝に小さな実が着いた。
昨年同様たわわに実るかと思った「瞬間」 文字通り瞬く間に葉が枯れて落ち始めた。
枝の先まで 樹脂を出してきて 何かおかしいなと考えていた矢先。
枝先を切ってみると 枯れているようだ。 導管を樹脂成分で自ら塞いで 枯れたのだろうか。
本当に1〜3日間で枯れたように感じる。水不足も無かったはず。

木の半分の枝を切り落とした。来春 生き返るのではという近所の人の推測も
あるが、地際から新しい枝が伸び始め1週間で2メートル近くまで伸びた。
この新枝に託して 本体上部は枯れた様に思う。

そういえば 昨年 スエヒロタケが樹皮の割れ目に発生したのが 原因かとも考えたりしている。
原因不明の超速枯れ木になった・・・直前まで普通だっただけに周辺の人もにわかに信じがたい様子。
横から出て来た若木に世代交替して貰って 実が着きますようにと 願う毎日。
残りの部分をばっさり切るのに忍びない 哀れな木の写真。   (^_^);
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ
 樟を保護状態にしていたら、5匹の幼虫が丸々と太った。
 葉の裏に3匹が蛹になったのを確認。1匹が どこかで蛹になったようだ。
 残り1匹が今日現在 終齢幼虫幼虫状態。

アオスジアゲハ蛹


アゲハ
アゲハは鉢植のユズの葉を食べまくり3匹まで大きな幼虫を確認していたが
アゲハは かなりの距離遁走して蛹に成るのを 経験しているので
1匹がきっとどこかで蛹になったのだろう。行方不明。
残り二匹幼虫が・・・

カナヘビ
カナヘビ
 庭仕事の友達という感じになってしまった (T_T)
 作業中も 周りで がさごそと動き回るので 落ち着かない。
 撮影も簡単にさせてくれる〜〜 とは言え 同じような写真ばかりで PCメモリを食いすぎ。
もう 写すのは止めようと思いつつも 近くでコチラを見つめるカナヘビ・・・・う〜ん(=.=)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

カナヘビ君とお話ができそうな関係になったのですね(^^)
プルーンの自ら枯れたような早さに驚いています。
こんなこともあるのですね。

No title

こん♪♪は かぜくささん

 プルーンの木は 近所の人もいぶかる速さ?で枯れたので、実を期待されていた人は ガッカリ (^_^);
接ぎ木部分の親元部分から 新枝が出たことは二度ほどありましたが、切り落としていました。
今回接ぎ木部分の直ぐ上と思われる部分から 新しい枝が萌出。
本体が枯れるのとほぼ同時に スックと背を伸ばしています。
成り行きに興味がありますが、果実の収穫が無くなったショックで、
ボクも 家人も 実を予約されていた 近所の数人も〜唖然(^_^);

プロフィール

Omagaeru

Author:Omagaeru
小さな庭で観察出来る生き物たち・・・・

最新記事
miniアルバム
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク