2016-12-11(Sun)

ウラギンシジミのこと

ウラギンシジミ(01)
池の水際にウラギンシジミが 「倒れて」いた。
お〜可哀想に 翅が濡れて動けないのか・・

ウラギンシジミ(02)
ちょんと触ると 翅をひろげた〜
生きている・・・♪

ウラギンシジミ(03-2)
ん?翅の痛み具合が 11月初旬に越冬体勢に入りながら 行方不明になった
「あのウラギンシジミに似ている」
当時左の後ろ翅に破れがあったはず
(円内の拡大画像)

ウラギンシジミ(03-1)
以前の画像と今回池で見つかったのと見比べると 円内の破れは一層破れて広くなっているが
前翅の先の欠刻の形が一緒のようだ。矢印先。
同一の蝶で間違いなさそうだ。
行方不明になっていたが 庭の中には生きていたようだ♪♪(;_;)

ウラギンシジミ(new)
現在越冬中の新しいウラギンシジミ
(翅には傷がない)

ウラギンシジミ(04)
後釜に納まったシジミ(右上)の近くの葉に載せた。(左下 横たわっている)

ウラギンシジミ(05)
しばらくして見たら、薄日をあびて翅をひろげた・・・生きられる!

ウラギンシジミ(06)

どこか 雨風を避けられる場所を探して なんとかぶら下がって欲しい。
越冬は厳しそうだが 最初にマテバシイの葉裏にぶら下がった様に
復活することを願うのみ。

---
翌日 見に行ったが 居なくなっていた。
どこかに上手く隠れたと考え・・・・ 
来春顔をみせてくれますように m(_ _)m祈るのみ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

Omagaeru

Author:Omagaeru
小さな庭で観察出来る生き物たち・・・・

最新記事
miniアルバム
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク