2017-01-08(Sun)

庭の出来事

スイートピー
スイートピーのタネを頂いた
硬いタネで 蒔く際には傷を付け、一晩 水に浸してから・・・との事だが
まき時が10月以降11月頃     もう とっくに過ぎている〜(^_^);

シロダモ

シロダモの木
3本一鉢で発芽から育ててきたもの。

シロダモの花(子房)

花が咲いた所までは 写真を撮ったけど、雌雄異株と知って
(花が咲いたのは1本だったので)実は諦めていた。
今日 何気なく見たら 花の残渣の様な物が見えたので
よく見たら 子房?の様な物が見えている。  (^^)


続きは ↓

ナンキンハゼ

ナンキンハゼだと思うのだが 室内で未だあおい葉が残っている。
若い葉も萌出中?

青い実3

冬のクエスチョンに この青い実がある。
庭のアチラコチラにぽつーんと落ちている。
当初庭木のモチノキの実だと思って 比較したら
モチノキの青い実は花(果)柄の痕と先っぽと二カ所のへこみが有るのに
コチラは一カ所で 形も楕円型
表面に粉の様な毛の様な物が模様になって見える・・・艶々では無い。
野鳥のフンからかと思うが 周囲に何も無く
野鳥の体内を通った表面とは思えない。

青い実2

暫くして フンの様な物の中にあるのを発見。
何のフンかはたまた フンで無いのか。
茶色い実も青い実も 消化された気配も無い。
木の枝のような骨のような物も見えるので
ペリットのようなものか?
疑問は膨らむ。


青い実1

青色で成熟した果実なら 蒔いてみるのも良いか〜

モチノキ

モチノキの実 (1月現在)


不明の種子
左 モチノキ   右 不明の実


ウラギンシジミ

庭で越冬中だった ウラギンシジミが居ないので 下を見たら死んでいた。
先日 雪が積もった際にもぶら下がっていたので 放置したのだが
こんな事なら屋内に取りこんで観察出来たら良かったのにと残念。
やはり自然環境下で越冬するのは大変な事の様だ。

ウラギンシジミ12月

12月上旬の写真

---------番外
ヤブニッケイのムシコブ

ヤブニッケイのムシコブは 三行脈を中心に葉脈上に出来るそうだが
この混雑具合では どうなっているのでしょう (^^);
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

こんばんは♪
いいですね~。
あこがれのナギの実によく似ていますが、こんな緑の時には見たことがありません。
まったく違うかもしれません。
そちらの近くにはナギの木があるのでしょうか。
ラカンマキやイヌマキの実の質感にもそっくりです。
いいですね、いろいろよさそうなものが落とされて(^^)!

No title

かぜくささん 今晩は。 いつも有り難うございます。
ヒントを頼りに [私の回り道]さんの”木の実草の実”で絵合わせしました。
カヤ、イヌマキ、ラカンマキが そっくりでした。

当初、イヌマキを 思い描いたのですが 赤い部分が印象に残っていてイメージが合いませんでした〜〜〜不覚。

かぜくささんの言葉は金科玉条?  ”木の実草の実”もバイブルですね。

庭にはその赤い色に惹かれて 植えたイヌマキが1m位の高さになって「有ります」・・・・・でも 実までは未だ未だですね。

明日からは 近所の植え込みにも注意してみます。
動物散布だとすれば↑フンのような物の写真も納得です。

本当にアドバイス有り難うございました。
   (これで 眠れる)

追記

とあるサイトでイヌマキの実について
「野鳥は、赤い果托と緑色の果実を一緒に食べ、種子は糞とともに排泄するかリベット(?)するようです」
とありました。あおい実は毒のようですから、ペリット (pellet) としてはき出すのかも知れません。
プロフィール

Omagaeru

Author:Omagaeru
小さな庭で観察出来る生き物たち・・・・

最新記事
miniアルバム
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク