コノテガシワのアブラムシ

コノテガシワ(アブラムシ)0
コノテガシワの花の時期に必ず遭遇する厄介毎。
樹木に着いたアブラムシの落とす脂分が 木の下をはじめ コノテガシワ本体に与える悪影響・・・



コノテガシワ(アブラムシ)
2ミリから3ミリのアブラムシ
葉の中に隠れて気づかないのだが、樹下のあぶらにビックリして「あ、アブラムシ?」と気づく。

以下 閲覧は止めた方が・・・イイカモ・・・・

アブラムシの写真10枚 羅列
コノテガシワ(アブラムシ)1
半端ではない量に 下の植物の葉などは 呼吸困難になっているはず〜
油滴は透明で奇麗だが〜  (/_;)

コノテガシワ(アブラムシ)2
写真に見える 水滴様のものがその油分

コノテガシワ(アブラムシ)3

葉の奥の茶色い部分が アブラムシ。

コノテガシワオオアブラムシ

コノテガシワオオアブラムシ(仮称)というのが コレ等のアブラムシのようだ。

コノテガシワのアブラムシ11

アブラムシは油分のヌルヌルの上を歩いているが (当然)ごきぶりホイホイのようにはくっつかない。
ところが 人間がこの脂分に触れると 恐ろしいまでの粘着力なのだ。

コノテガシワのアブラムシ12

とても小さい   2ミリ前後で小さいのは1ミリのヤツもいる。

コノテガシワのアブラムシ13

木の中程を開けてみると幹にびっしりで周辺は油まみれ (>_<)
花の大きさに比べても 小ささが分かる (花も2~3ミリ)

コノテガシワのアブラムシ14

コノテガシワのアブラムシ15

コノテガシワのアブラムシ16
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク