シナヒイラギもどき??

カナヘビの日向ぼっこ
今日は 久しぶりに晴れ間が~
午後の日向ぼっこ中のカナヘビ
エゴノキの樹皮は暖かそう~

シナヒイラギもどき

長年 名前が分からない
シナヒイラギ「もどき・・・(;_;)」


シナヒイラギに似た不明種

革質の葉で鋭い鋸歯
庭で最強の痛さをくれる葉だ。
シナヒイラギと思っていたのだが 棘の数が
圧倒的に多いのだ。
そうなると ヒイラギの大きな葉かと思うが
ヒイラギは対生葉で全く別モノ
コチラは互生で 棘が7~11本の物が見られる。
中には全縁に1~2本の棘というような物もあるが
多くは9本ほど~

アマミヒイラギモチ(ヒメヒイラギ)
園芸店で買ったヒメヒイラギで アマミヒイラギモチというのが
元々らしい。
棘はソックリだが葉の大きさは「ヒメ」と言う位だからとても小さい。


アメリカヒイラギ
資料写真のアメリカヒイラギは 優しい葉

セイヨウヒイラギ
コチラも資料写真(覚え)のセイヨウヒイラギ
長楕円の軟らかい葉だ。


セイヨウヒイラギ

庭に いつの頃からか「ある」セイヨウヒイラギではないかと思われる木
棘もあまり痛くない
花が咲くのだが 雄木らしく 実に結びつかないで終わって居る(;_;)
昨年はルビーロウカイガラムシがびっしり付いていて ビックリした思い出がある。

ーーーー
トップのシナヒイラギもどきも いつの頃からか庭に有った。
野鳥のフンからでも発芽したのだと思うのだが、珍しそうな発芽苗を見つけると
取りあえず ポットに鉢上げ?する癖の所為。

(ノ_-;)ハア
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント