FC2ブログ

ジュズサンゴ・デュランタ・アオスジアゲハの幼虫・ムシヒキアブなど

ジュズサンゴ

ジュズサンゴ
鉢植が冬の寒さでかなり弱った状態だったのだが、遅遅ながら若葉を出して復活。
目下 花や果実が昨年と同じように咲いている。
赤い実を播いておくと ほとんど発芽して 苗を得ることが出来る。

デュランタ

デュランタ 宝塚
台湾の街中でも路地に沢山咲いていた。
別名 タイワンレンギョウと言うそうで 納得。(厳密には数あるハリマツリ属の一つを指すらしいが)
レンギョウとも台湾とも関係が無さそうだ(^_^);

アオスジアゲハの幼虫

クスノキから孵った幼虫を一頭、 ヤブニッケイの小さな鉢植(幼苗が5本ほどまとめて植えてある)に移した。
ところがよく見たら 既にその鉢植のヤブニッケイに 5~6頭の幼虫が住んで居た (/_;)
クスノキの側に置いてあったので クスノキとヤブニッケイに産卵していったようだ。

幼虫が数頭・・・ 動画(ボケていますが・・・)


ムシヒキアブの仲間

ムシヒキアブの仲間が 虫を咥えていた。
(サキグロムシヒキか) 餌の方もムシヒキに似ているが 小さなアブハエの仲間か?

ハナグモの仲間

コナラの葉を綴っている虫がいるようなのでで 開いたらハナグモが居た。

アブラゼミの抜け殻

アブラゼミが羽化し始めた。
散水すると 樹木の陰から鳴いて飛び立つ。
空蝉(抜け殻)も目にするようになった。

ムカデの仲間

池に落ちて死んでいたムカデの仲間。
庭仕事の時に よく小さなこの種のムカデを見かけて 速攻でバンバンするが、写真のムカデは6~7cmはある。
素手で作業中、鉢底などから走り出してきて驚くことがある。
未だ刺された事が無くて ラッキーだったのかも。
落ち葉を手でさら(浚)う時には 厚手のゴム手袋が必須と感じるが、大抵は素手のことが多く反省だ。  


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ジュズサンゴ、つややかできれいですね♪
アオスジアゲハは食草の木を見逃しませんね。
孵ったばかりの幼虫は可愛いです(^^)
いつか大きなムカデが家に入ってきて怖かったです!

No title

かぜくささん今日は
アゲハとアオスジアゲハが産卵に訪れていま。
幼虫も見慣れた所為か、💕可愛いですね。
あまりの暑さで鉢物はグッタリ、当方も同じくグッタリ
(v_v)

かぜくささんも暑さ対策〜気を付けてね〜
プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru
小さな庭で写真を撮っています。
草花・虫・蛙や蜘蛛・時には野鳥など、飽きずに写す毎日。

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

コメツブツメクサ ツノマタタケ コノテガシワの受粉滴 ヤゴ クサキリ アゲハ ヒヨドリ ノアザミ 石膏人形 タチヒダゴケ アオスジアゲハ 冬芽 カギバアオシャク アクリル画 水彩画  多肉植物 あまがえる ペンギン アオオビハエトリ 台湾の蝶 ヤガタアリグモ ヒシバッタ ボンネットバス モミジバフウ 貝殻 リョウメンシダ アロニア シュンラン クジャクサボテン カシワクチブトゾウムシ コナラ メダカ 垂蛹 帯糸 コオイムシ キタテハ ハルニレ キクザキイチゲ センニンソウ ヒメマツバボタン 帶蛹 ハネナガイナゴ 蝉蛻至楽 クロトガリキジラミ