ヒヨドリ

ヒヨドリ20180121


ヒヨドリ
精悍な顔つき 
相変わらず スズメを蹴散らすので 庭は羽毛が散乱している。
落ちている羽毛は どちらかというと 灰色の羽毛で スズメよりヒヨドリの抜け毛ではないかと思われる。


ヒヨドリとスズメ

ヒヨドリとスズメ

攻防戦は切れ目無く続づく  (>_<)

ゴマキ(ギ)の冬芽

ゴマキ冬芽

鞘が被った状態。
未だ実がなった事は無いが・・・
ガマズミに似た実のようだ。

ガマズミ、コバノガマズミは地植で大きくなったので~廃棄((;_;))してしまったが、
ゴマギはガマズミ属と言うことで花、実を待ちたい。

____ ウイキでは

ゴマギ(胡麻木、学名:Viburnum sieboldii )は、スイカズラ科ガマズミ属の落葉高木。別名、ゴマキ。

新しいAPG植物分類体系ではガマズミ属は、ニワトコ属とともに、スイカズラ科からレンプクソウ科に移されている。

____  だそうです

ゴマギが本当で別名ゴマキだとか。
胡麻の香りがたまりません。
(^^)

雪の後

カラタチバナ

積雪の重さで 沢山の植木鉢の木々に枝折れがみられる
カラタチバナ マンリョウ ヤブニッケイなどなど

ジュズサンゴ

ジュズサンゴ
赤い実がぽろぽろと落下しているが いまだに蕾が見られる

ジュズサンゴ0

ジュズサンゴ

オキナワスズメウリ

オキナワスズメウリの果実を回収?



雪の朝

キジバト1

雪の朝
えさ場にキジバトが現る

キジバト&ヒヨドリ

いつもはスズメを追い払うヒヨドリだが
キジバトは遠くからながめているだけ?

キジバト2

キジバトが二羽で闊歩

スズメ

久しぶりに晴れて 柿の木で騒ぐスズメ

苔

柿の木の下には苔が沢山落ちている
ヒヨドリとスズメが 大きな餌を小さくするために 枝に嘴をこするため
苔が剥がれ落ちる
雪があるので 落下物が点々と見える

タチヒダゴケ2

タチヒダゴケのようだ

タチヒダゴケ2

タチヒダゴケ 別名 コダマゴケ


雪の日の餌争い

ヒヨドリとスズメ

ヒヨドリとスズメ
呉越同舟

ヒヨドリ

ヒヨドリ

スズメ2

スズメ

スズメ

スズメ

スズメ3

スズメ

愛くるしくも有り 眼光鋭く怖くも有り

============
いずれも 濡れたガラスを二枚透過しての撮影で ピントが甘すぎ・・・
見にくいですが~   (/_;)

動画もあります

プロフィール

Omagaeru

Author:Omagaeru
小さな庭で観察出来る生き物たち・・・・

最新記事
miniアルバム
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク