一雨毎に


ナンキンハゼ

一雨毎に寒さも増してくる
植物は敏感だ

センニンソウ


センボンヤリの閉鎖花はどうやら タンポポのような動きをするようだ。
閉鎖花の場合 冠羽状態になるまで 少し花柄が倒れていて、綿毛が飛び立てるようになると
真っ直ぐ伸びきる。
風媒花ならではの動き・・・少しでも遠くへ飛ばす植物の智恵なのだろう。

千本槍 

センボンヤリの閉鎖花が開く


センボンヤリの閉鎖花が 開いた
開花(種子綿毛が開いたが、開花と言うのかどうか分からない)

センボンヤリの閉鎖花2

オダマキと同居の鉢で紛らわしい (/_;)
横に倒れている
中程で右側に傾いている 花茎が見える。
オダマキの葉の上に伸びている。

センボンヤリの閉鎖花1

直前までの蕾 (-_-);

センボンヤリの閉鎖花

蕾と言うのも変だが〜

センボンヤリの春の花

春の花の写真
オダマキの葉に隠れて うっかりすると 見落とすところだった
花茎も短く 小さなタンポポのようだ


センボンヤリの花1

花の中は クルクルしていて 複雑 (;_;)

閉鎖花の株元

秋の閉鎖花の株元
三本の花茎が出ていて 小さいのは まだ5cm程



動画

コオロギ

コオロギ

夜はコオロギが ちょっとウルサいかも(;_;)
 
アマガエル

柿の木にアマガエルが居た。
とても小さい。

蛾の仲間

蛾の仲間が居た
植木鉢の側面に着いていたのだが、人の気配で動き始めた。
どうやら 羽化して間も無いのか お尻を引きずっている。

苔の仲間


池の側の石の間にあった 苔。
(柿の木の枝の下に当たる場所なので〜)
ひょっとして 柿の木のタチヒダゴケから 派生したのだろうか?
小指の先の小さなコロニー

コケは(T-T)

(↓ 昨日アップのの写真 )
koke0

先日アップした苔画像
柿の枯れ枝を選定剪定した際に 樹皮に生えていた。
柿の木の苔は 以前チェックした事があったので タチヒダゴケと思っていたら
蒴の残骸が 見たことも無い ニョロニョロ状態。


「蒴柄があまり見えず、蒴が長い、葉がクルクルとカールしている」
あれコダマゴケと 違う (T-T)
じゃ このコケの名前は?  何・・・

タチヒダゴケ0

今日 柿の木から改めて採取したモノを並べて見たら 

(自分的にはなじみの)コダマゴケ(タチヒダゴケ)の様だ。


タチヒダゴケ2
(新たに撮った写真から)

蒴が開いていないモノ

タチヒダゴケ1

(新たに撮った写真から)

蒴帽が取れたのを見ると 八裂している。 ふっくら鐘状。 
どうやら タチヒダゴケの様だ〜
ーーーーーーーーーーー
とすれば 昨日の苔の名前は何だろう (¨;)
これが生えていた枝は ゴミとして捨てたので 手元には無いし(;。;)
宿題になってしまった。
(ナガバキンモウゴケ、カラフトキンモウゴケなど 想像している)

コケは(T-T)

とんぼ

とんぼが空高く飛んでいると 秋だなぁと感ずる。

続きを読む

検索フォーム
リンク