のと里山海道(のとさとやまかいどう)


のと里山海道を走った。

能登里山海道 (1)

金沢から車で羽咋(はくい)市 方面に向かう。
のと里山海道はかつて有料道路で名前も「能登海浜道路」と言われました。
名前通り左側はずっと日本海が見えます。
日本海からの海風で 片流れの樹木、松などは塩水で枯れます。
補充用に松の苗が養生されています。
砂地に砂防の囲いをして、小さな松の苗がうえられています。



能登里山海道 (5)
終点 穴水町(あなみずまち)の少し手前で里山海道から 一般道へ降りました。
ここから見える海は七尾湾です。
(能登半島で囲まれた内海 波静か〜  近年イルカが棲み着いて観光資源に(^-^))なっています。
遠くは左が能登半島、わずかな切れ目から 右は能登島です。
分かりやすい写真が有ったので↓参考までに見て下さい。


能登島
写真は過去に写したものです。
(写真をクリック その後 もう一度クリックで大きな写真になります[予定(^-^)] )
一般道へ降りない場合 里山海道走行中、山の上から このように見えます。
撮影地はのと里山海道・別所岳展望台からのものです。
ドローンで撮影したように見えます(^_^)v
左 本土地つづき〜能登半島 、右 能登島


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
帰路は 穴水から金沢へ向かいます。
能登里山海道 (6)
終点の穴水(あなみず)町から羽咋(はくい)市に向かいます。
羽咋市まではずっと山中を走ることになります。

クレーンが見えた。
4車線に拡幅する工事が続いています。




能登里山海道 (8)
帰路 羽咋から金沢まではすべて右側に日本海が見え隠れします。
松越で 西日で輝く海が・・・


能登里山海道
水平線が見えるのも不思議な感覚。



能登里山海道 (4)
フロントガラスに車内のものが写り込んでいて、汚い写真ですみません。


能登里山海道 (7)
海と反対側には防風林が続いています。
車を追い越すように 黒い[雲]ロケットが 並走というか・・・並飛行? (^_^)


能登里山海道 (3)

右側は ずっと 輝く海の風景が続く。


能登里山海道 (2)

金沢の手前 内灘町(うちなだまち)、建物は河北郡内灘町大学にある金沢医科大学・病院の一部です。

川のように見えるのは河北潟(かほくがた)の放水路。
つり橋の向こうに河北潟があり、手前に走行中の道路と水門があり、海へ流れます。
  
河北潟は江戸時代から続く干拓で ほとんど埋め立てられて 今は農場などがあります。

あと五分程で金沢市に入る予定 🎵🚙


スポンサーサイト



関連記事

tag : のと里山海道

プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アクリル画  コノテガシワの受粉滴 コメツブツメクサ ツノマタタケ ヤガタアリグモ アクリル ハルニレ ヒヨドリ アゲハ ハネナガイナゴ 帶蛹 蝉蛻至楽 コオイムシ 帯糸 センニンソウ ヒメマツバボタン アロニア キタテハ シュンラン ボンネットバス モミジバフウ リョウメンシダ 貝殻 垂蛹 ノアザミ アオオビハエトリ カギバアオシャク 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 クサキリ ヤゴ ペンギン ヒシバッタ 石膏人形 タチヒダゴケ 冬芽 メダカ キクザキイチゲ ウスグモスズ のと里山海道 カワカゲロウ オオアトボシアオゴミムシ キジバト オスグロハエトリの雌 オレクギエダシャク アキカラマツ クスノキ タンポポ リュウキュウアサギマダラ スズメ セッコウ ホオズキ 黒いアマガエル ヘリグロテントウノミハムシ キンキマメザクラ オオバジャノヒゲ 椎の実 コバンソウ クロトガリキジラミ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン カニノツメ ジョウビタキ コナラシギゾウムシ サカマキガイ 大雪 玉ネギ ボッチ 水滴 コナラ