一人りぼっちじゃ無いボッチ

*以下の絵の元になった写真は”かぜくさブログ”様の【稲わら干し】から 許可を頂いて下絵にさせてもらいました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ボッチ1


ギシ坊や(右下)「おかあさん ボクひとりぼっちで さびしいな・・・」

ギシ坊のおかあさん「そうかしら。あの楽しそうな話し声を聞いてごらん」

ギシ坊のおとうさん「あれは たんボッチのみんなの声だよ」



ボッチ2

たんボッチa「あらあら ギシ坊や。そこからは見えないかな?」

たんボッチb「私たち みんな一人ぼっちだけど 仲良くお話して楽しいワ」
      「稲を刈り取った田んぼに 沢山のボッチが いるのよ」

たんボッチc「ずっと向こうに柿の木があって 赤い実がたくさんあるんだ」

たんボッチd「ヒヨドリが赤い身をつついている (^^)」


ボッチ3

たんボッチe「そこから 空の雲が見えるでしょ?」
       「うろこ雲がながれていった先には山が有るよ」

たんボッチa「その麓(ふもと)は今、紅葉が沢山見られるの」
      「赤い色の屋根 青い屋根の家 僕たちを育ててくれた農家の人たちも住んでいるんだ」

たんボッチc「ギシ坊のまわりにも 冬を越すと沢山の仲間が現れるからね」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ボッチの絵二人



たんボッチf「あれあれ・・いつの間にか ギシ坊のそばに 妹が居るみたいよ!」
      「仲良くしてね 🎵 」

ギシ坊「うん。 ボッチのみんな もうさびしくないよ(^^)♪」

ギシ坊のおとうさん・おかあさん「たんボッチの皆さん いろいろとありがとう」
       「お互い寒い冬を乗り切りましょうね!」

~~~~~
"かぜくさブログさん"の【稲わら干し】の写真を拝見した時に、上記のような会話が聞こえてきたような・・・。
さっそく お許しを頂いて 写真を使わせてもらい、稚拙な絵を描いてみました。
"かぜくさブログ様"には、元写真の撮影意図を勝手に変えちゃって、お詫びします。^^;
~~~~~



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ボッチとは:
稲わらを使って何か二次利用に使うためにトップの(物語の)図のように干しているわら束。

稲の乾燥のために棒のまわりに稲束をを積んだものなど、地方によって稲棒(ボッチ)と呼ぶそうです。

また 大量に円筒形に積んで 上部を屋根状態にして季節保存する稲塚も「わらボッチ」と
呼ぶ地方が有るようです。 

参考 こちら様も参考になります。

また 造園で雪などから保護するわら細工や方法をわらボッチ(うらボッチ)と呼ぶ場合も有るようです。
そんなこんなで お写真を拝見して ついダジャレてしまいました。




下絵(元の写真をなぞりました。 一部改変)
ボッチ
スポンサーサイト



関連記事

tag : ボッチ

プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アクリル画  コノテガシワの受粉滴 コメツブツメクサ ツノマタタケ ヤガタアリグモ アクリル ハルニレ ヒヨドリ アゲハ ハネナガイナゴ 帶蛹 蝉蛻至楽 コオイムシ 帯糸 センニンソウ ヒメマツバボタン アロニア キタテハ シュンラン ボンネットバス モミジバフウ リョウメンシダ 貝殻 垂蛹 ノアザミ アオオビハエトリ カギバアオシャク 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 クサキリ ヤゴ ペンギン ヒシバッタ 石膏人形 タチヒダゴケ 冬芽 メダカ キクザキイチゲ ウスグモスズ のと里山海道 カワカゲロウ オオアトボシアオゴミムシ キジバト オスグロハエトリの雌 オレクギエダシャク アキカラマツ クスノキ タンポポ リュウキュウアサギマダラ スズメ セッコウ ホオズキ 黒いアマガエル ヘリグロテントウノミハムシ キンキマメザクラ オオバジャノヒゲ 椎の実 コバンソウ クロトガリキジラミ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン カニノツメ ジョウビタキ コナラシギゾウムシ サカマキガイ 大雪 玉ネギ ボッチ 水滴 コナラ