蝶の園

県の昆虫館へ行ってきました。
圧巻は各種 蝶の放たれた大きな温室〜



昆虫館4

蝶の園
自由に飛び回りましょう



昆虫館6
この画像にも数十頭の蝶が飛んでいるのですが、画像が小さくて判りませんね

昆虫館5
その種類も数十種

昆虫館2


昆虫館3


昆虫館1


昆虫館7
スポンサーサイト



能登へ

能登半島地震2
能登 里山海道
今日から穴水という場所まで部分片側通行で行けるようになった。
その穴水へ行くと言う方の車に同乗させてもらって何軒かの被災された方を お見舞いに伺った。

写真は途中まで相互通行可能で 羽咋辺り。
7〜8台の車両には警視庁と書かれていた。





能登半島地震1

羽咋を過ぎて穴水までは山間地を走るのだが、数十ヶ所にも及ぶ道路陥没で
応急処置で片側のみ走れた。
七尾市へ入る標識が見えるが、七尾市では50%がいまだ水道がきていない。

右側道路が崩れ落ちている。
左の山の斜面を削って、仮の道路を設けて、輸送車両が通れるようになっていた。
ひと月半かかって良くここまで通してくれたと感謝しかない。


能登半島

帰りの金沢方面へは海岸線の道路を通るしかなかったが、写真の先は左が能登半島、
右が能登島。  この穏やかな海が揺れ動いて津波で荒れて 集落を襲った。
能登滞在中も新潟方面の震源地震があり 2度 3度と揺れを感じた。
早い収束〜いや終息を願いたい。


1月5日・・・晴れ

雲

晴れ間につられて外に出ると、勢いのある雲が〜

雲1

夏の雲を思い出す〜


霜

車のフロントガラスに 霜


霜1




霜3




クラフト作品

クラフト作品

続きを読む

アラレ

アラレ

アラレ 雷  終日続いていて 外へは出られない。(/_;)
途切れた一瞬 外へ出て 写真を。


タンポポ
タンポポの鉢に アラレが。


トウカエデ

トウカエデも 寒そう。


ナラガシワ

ナラガシワ
殻斗とどんぐりをくっつける。

筆立て

自作の筆立て。
たまたま廃材が有ったので、二日間かけて造った。
穂先が一瞥出来て 便利になった。

星座

星座

冬の星  オリオン座のあたり


(未定)の虫

昆虫


未定の虫

昆虫

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ