アオドウガネ(仮) 被害

カボチャ

ご近所さんから 打木カボチャを頂いた。




アオドウガネ(柿)

アオドウガネと思われる甲虫の食害。
柿の葉っぱを食べていた。
庭木の中で実害が有ったのは プルーン(食害、樹木半分枯れ死)、モミジバフウ(枯れ死)。マテバシイ(枯れ死)
など、葉を食べられた木はコナラ、日本柿、山桜、イイギリ、イタヤカエデなどです。
とてつもない 悪食だと思う。


モミジバフウの枯れ死記事
https://ohmaga.blog.fc2.com/blog-entry-1353.html



柿の葉の表のアオドウガネ 画像は「続きを読む」以降にて・・・・
続き画像には 気分を害するかも知れない写真があります。
苦手な方は閲覧ご注意ください。
スポンサーサイト



続きを読む

今日の昆虫と トリ

オオスカシバ飛翔

庭を飛ぶスカシバのようなもの・・・・
写真を撮りたいと 網で捕まえてみた・・・・


オオスカシバ成虫

オオスカシバのようだ


オオスカシバの幼虫

数日前に山桜の葉を食べていた幼虫
オオスカシバの幼虫だと思われる・・・
人様の庭で オオスカシバはのうのうと世代を繋いでいるのかも・・・



バッタの仲間

バッタの仲間か ひょうきんな顔の子がいる。


ハムシ(仮)

真っ黒な虫が居た。
アザミに良く来る ルリクビボソハムシだろうか。
ノアザミがまだ 庭に残っている。
複眼が飛び出していて アップは怖い (@@;)



アオスジアゲハ

アオスジアゲハの幼虫
屋外だと幼虫段階で いつの間にか居なくなる。
外敵にやられるのだ。
運良く蛹に成るものも居るが 見ている卵の数に比べれば 少ないと言えそう。


カメムシ(仮)の卵

カメムシの卵だろうか〜
縁がギザギザしている。



カメムシ(仮)の卵(車)

なんと駐車している 車の側面に産み付けられていた。
とても小さくゴミのように見えた。
何気なく写真を撮って、習慣的に指で弾いて取り除いた・・・・
さて なんん虫の卵か 取って於けば羽化したかも知れない〜

後でそう思い探しに行ったが 地面を這って見たが すでに見えなかった(>_<")


スズメ

スズメ
ここのところ子雀が頻繁に餌を取りに来る。
ガラス4枚越しで撮ったので ボケてしまった。 m(_ _)m



オナガ


オナガはここのところ 庭に来る回数が減ってきた。

今日は突然団体で騒ぎまくっていたので カメラを手にしたが、人の気配ですべて
飛び去った。 電線や電柱に一旦止まって それぞれ 示し合わせた様に
少しずつ飛び去る。
いっとき 電線に止まったところ。


アオスジの羽化と ホシヒメホウジャク(?)

アオスジアゲハ

2週間前に蛹になったアオスジアゲハ。 今朝 羽化していた。
一日違いで蛹化したものが 後二頭・・・
多分 明日には羽化しそうだ。




ホシヒメホウジャクとアオスジアゲハ


なんと ホシヒメホウジャクと思われる最小スズメガが 室内へ飛び込んできた。
小さな松ぼっくりに止まって動かないので そっとアオスジに近付けた。
しばらくして アオスジは外へ飛び立った。
カメラで追うより早く 近くの三階建校舎の屋上近くへ舞い上がった。
今ままで 蝶の旅立ちシーンで 最も高いところへの飛翔だった。

ホシヒメホウジャク

ホウジャクはタブの植木鉢の上へ置いておいたのだが、 夕刻アオスジアゲハの
明日羽化組を見に行ったら その蛹の横にホシヒメホウジャク(と思しき蛾)が
止まっていた。 偶然なのか それともアオスジに 「羽化を促して」いたのか・・・
アオスジアゲハは 蛹殻の中で明朝の羽化に備えていた。


昆虫の森イラスト


過去に描いた鉛筆画が見つかった・・^^;アセ
なんの正確さも持ち合わせていないで、何を思って描いたのか忘れてしまった絵。
それとなく昆虫らしさが判るが 愛しのヒヨドリも小さく 描かれていた。

続きを読む

バッタの仲間(幼体?)

バッタ科の幼体


バッタ科
幼 体
大人のスタイルをそのまま小さくしたようで かわいい(^-^)v



シオカラトンボ雌

シオカラトンボ?   ナツアカネのようです。

↑ とは 別の日に撮影 ↓
トンボ

シオカラトンボ? ナツアカネのようです。

[ Junさんからナツアカネかアキアカネの未成熟体だと教えて頂ました ]

図鑑でチェックしましたら ナツアカネでした。

Junさん ご教示有り難うございました。

テントウムシの幼虫

ヒエメカメノコテントウ幼虫

ドングリの木に アブラムシが現れると、テントウムシの幼虫が多数出現する。
もちろん 成虫も・・・

ヒメカメノコテントウの幼虫
ダンダラテントウの幼虫と配色が同じで注意だが、当家の庭では見かける成虫はヒメカメノコテントウのみ。

ヒメカメノコテントウ

ヒメカメノコテントウ
成虫も色彩が多岐に渡り 一瞬戸惑うタイプ。
写真は代表的な文様で判りやすい。
とりわけ十字が有るのは覚えやすい。


ナミテントウ蛹化

ナミテントウの前蛹
ガラスに蛹化中


ナミテントウ1

ナミテントウと思われる

ナミテントウ

ナミテントウと思われる。


ナミテントウ幼虫

ナミテントウの幼虫
コナラの葉上を歩いていても 見つけやすいい色をしている。


並 ジュウクホシテントウ

ナミテントウ?
ジュウクホシテントウ?というのもいるようだ。
追記:
どうやらナミテントウが正しいようだ。
ジュウクホシテントウは黄色い下地に19の星?の絶滅危惧種だとか。

ネットでは正中部の星がなくて ジュウハチテントウというのも居るらしい、それもナミテントウの事のようで実にややこしい。(;_;)


続きを読む

プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アクリル画  コノテガシワの受粉滴 コメツブツメクサ ツノマタタケ ヤガタアリグモ アクリル ハルニレ ヒヨドリ アゲハ ハネナガイナゴ 帶蛹 蝉蛻至楽 コオイムシ 帯糸 センニンソウ ヒメマツバボタン アロニア キタテハ シュンラン ボンネットバス モミジバフウ リョウメンシダ 貝殻 垂蛹 ノアザミ アオオビハエトリ カギバアオシャク 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 クサキリ ヤゴ ペンギン ヒシバッタ 石膏人形 タチヒダゴケ 冬芽 メダカ キクザキイチゲ ウスグモスズ のと里山海道 カワカゲロウ オオアトボシアオゴミムシ キジバト オスグロハエトリの雌 オレクギエダシャク アキカラマツ クスノキ タンポポ リュウキュウアサギマダラ スズメ セッコウ ホオズキ 黒いアマガエル ヘリグロテントウノミハムシ キンキマメザクラ オオバジャノヒゲ 椎の実 コバンソウ クロトガリキジラミ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン カニノツメ ジョウビタキ コナラシギゾウムシ サカマキガイ 大雪 玉ネギ ボッチ 水滴 コナラ