タラノメ 葉痕

タラノメ

畑の側(高速道路のノリ面)にタラノメがあった(@@;)

葉痕が大きいので面白いと思いパチリ

ゴマキ

ゴマキ
(庭の鉢植え:数日前には雪に埋もれていた)

キノコ

畑の側(高速道路の法面) 松の切株にキノコが・・・

ヒメカンアオイ

ヒメカンアオイの花
白いツブツブが萼筒内部から花びら?表面に見られる


NEXT

続きを読む

関連記事

ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタの花





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遊びで描いたもの

ペンギン

ペンギン((石膏板に絵))  ・・・


ペンギン(キング)

ペンギン(石膏板に絵) キングペンギン ・・・もどき


ペンギンたち

ペンギンたち (石膏板に絵)  ・・・・


ペンギン(フンボルト)

ペンギン(石膏板に絵) フンボルトペンギン・・・もどき
関連記事

セダム系の花   ・  コノテガシワの花


薄化粧(セダム系)

薄化粧の開花

20180309セダムー薄化粧

多肉植物に花が咲いていた(2018.03.09)

20170311薄化粧

昨年の同時期:同じ株の花の様子(2017.03.11)
セダム属 薄化粧と名前が~

コノテガシワ’080309花

生け垣のコノテガシワに花が咲いていた(2018.03.09)

コノテガシワ’070228

昨年も写したハズと探したら同時期の写真
(2017.02.28)
今年は積雪の多さから、開花が僅かに遅れている様子

コノテガシワ’080309

今年の花 (2018.3.9)

コノテガシワ’0703029

昨年3月29日には受粉滴という蜜が出ている・・・
関連記事

キクザキイチゲの萌出

キクザキイチゲ (2)

キクザキイチゲと思しき花。
スックと伸びたばかりで 葉も蕾も閉じている。
ピンボケ写真でスミマセンm(_ _)m

キクザキイチゲ (1)

コチラもキクザキイチゲの様だが、蕾が無いような・・・


キクザキイチゲ

萌出時は茎が曲がっている。
(前出のキクバオウレンも同じ萌出スタイル)

--------------
再度、ケゼニゴケと思しき写真を撮りました。↓

ケゼニゴケ (環境)

蘚苔類が しのぎを削って戦っている現場のようです。ミニ池そばの斜面で、庭で一番日当たり
が良い場所で、ヒヨドリの糞から見知らぬ草木が生えるところでも有ります。
どうやらジャゴケ(黄色矢印)に重なってケゼニゴケ(赤矢印)が有るようです。
円内は少し画像を明るくしてありますが、葉の表面がジャゴケに比べスベスベしています。
葉の縁には 毛が沢山見られました。

ケゼニゴケ(2)

接近すると 毛深い。
雌器床か雄器床かは分かりませんが まるでサボテンの様です

ケゼニゴケ (拡大)

毛深いです。
葉には亀甲様の隔壁が見られます(ケゼニゴケ)

苔の仲間 蒴

苔の仲間は日をあびて とても元気に見えます。

ジョウゴゴケの仲間

ジョウゴゴケの仲間です。
このコロニーも葉状体や他の苔が混在して しのぎを削っている様子。
苔社会も生存競争が厳しいのかナァ。




関連記事

キクザキイチゲの蕾

キクザキイチゲ

キクザキイチゲのようだ

ジョウゴゴケの仲間

ジョウゴゴケの仲間


ジャゴケ

ジャゴケだろうか 葉の先に葉が出ているような状態


ケゼニゴケ?

コチラはジャゴケかと思って写したが、大きくして見たら
ケゼニゴケかも~~
始めて見たので ネットで探したら ケゼニゴケの雌器托か雄器托のようだ
気持ち悪い毛玉が乗っかっている様子(右の方)

関連記事

オウレン

キクバオウレン

キクバオウレンが満開状態で咲いている


キクバオウレンの花1

花のアップ

キクバオウレンの花2

同じくアップ
雌や雄、その混合系と シベは複雑(;_;)

カンアオイの花

ヒメカンアオイも雪の下で開花していたらしい
沢山の花が咲いている

カンアオイの花(内部)

指先で割って見た 花の内部
とっても複雑

(v_v)

続きを読む

関連記事

日射し

花

陽が射していた
外は未だ寒かった {{ (-_-) }}

花1

はやく 暖かくなりますように m(_ _)m
関連記事

ヒメカンアオイと苔

カンアオイの仲間 花1

カンアオイの仲間の花
なんと真上を向いて咲いている
本来は横向きで、地面に刺さるように咲くのだが・・・
まわりの苔の勢いが強くて やむなく上を向いたように見える (^^)
まわりには5~6種の苔が密集


カンアオイの仲間 花2

蟲トラップに見えなくも無い


カンアオイの仲間 花3

萼筒の内側は 網目状の突起が有り、中に入った虫がちょっと抜け出にくい構造になっている
割って拡大して観ると、トビムシのような形の超小さい虫が観られた
入り口より中が広がっていて、花柄寄り(花奥)に明かり窓のようなモノがある
(底の方、白い部分)

シノブゴケの仲間

周囲にある苔で シノブゴケの一種だと思う


ハイゴケ

コチラはハイゴケの一種
拡大すると、葉の先にカールが見られる。
分類特徴の一つらしく 何とか「ハイゴケでは?」 と想像出来る
苔の名前は知ろうと思うと迷宮入り間違いなし 混沌世界(v_v)
関連記事
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ