コバンソウ.タマネギ.アプリコットファッジなど

タマネギ
畑のタマネギは品種によって穫り時が違うようで、植えたもの半分(約100個)が葉が倒れて収穫可能に。
残り半分はまだ葉が立っている。
写真の二種はともに葉が倒れた品種。

卵
畑のそばの空き地に 鳥の卵があった (@@;)
車も出入りする場所で 踏み潰されそうなところに ぽつんと一個
何者の卵だろう。


ハルニレ
見上げたハルニレは葉が青々と茂っていた。

コバンソウ
同じく空き地のコバンソウ
苞穎はすでに枯れた色をしていた。
懐かしい気持ちにさせられる。

アジサイ
庭のアジサイの蕾


アプリコットファッジ
アプリコットファッジ
まさにアプリコットカラー(^^)
やさしい色だ・・・
シベが花弁より飛び出している。

すぐに汚くなって散ってしまうので 今一瞬が 見頃か。


クジャクサボテン
クジャクサボテンは下から2個が咲き終え、明日には上の2個が開花しそう。
一年放ったらかしは申し訳ないが、咲けば咲いたで、一日で萎れる。
豪華な花は 儚い。

関連記事

クロトガリキジラミの幼虫

クロトガリキジラミ

えごのき の葉に膨らみが・・・
裏を見るとキジラミがびっしり (>_<)

動画は6分間と長く、気持ち悪いです。


関連記事

tag : クロトガリキジラミ

花と虫

クジャクサボテン

クジャクサボテンが咲いた。
全く世話をしてなくて 毎年咲いてくれる。
今年こそはと〜毎年、花後に整枝や植え替えなどしてみようと思うのだが、翌年花が付かなくなるのではと心配で、
そのまま数年経っている (^_^;)

ノアザミ
ノアザミ
こちらも宿根でここ数年咲いている。

キムネクマバチ
キムネクマバチ (クマバチ)
ブラックべりーの花粉が好きなようで、一気に7〜8頭が集中していた。
羽音がうるさいほど・・

ホソヒラタアブ
ホソヒラタアブ

アゲハ蛹
ユズに居たアゲハ幼虫を 飼育箱に数頭移した。
軽くビニールでカバーをしたつもりだったが 飼育箱との隙間から出て、ガラスの外側で蛹化していた。
そうなると 事故に合う確率が高くなる。
寄生蜂もそうだが 人間がうっかり触れたりして 剥がしてしまうことのほうが確率が高い(^_^;)


ナガマルガタゴミムシ
ゴミムシの仲間が居た。

ナガマルガタゴミムシだと思われる

葉の上の黄色いものは、クロトガリキジラミの幼虫。
エゴノキの葉裏に付いていた (ノ_-;)


ナガマルガタゴミムシ1

ゴミムシの仲間
とてもきれいだ。



関連記事

tag : クジャクサボテン

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ