変わりゆく街

変わりゆく街

変わりゆく街(加工部分は 春先から8軒の住宅が建った。)


キュウリ

庭のキュウリ

プルーン

プルーン
毎年果実時期になると 蛾の幼虫が葉を食べて 大きな糞が下に落ちるのだ。
果実に殺虫剤がかかるのが嫌で、棒切れで枝葉を叩いたら・・・・
緑色のハナムグリかカナブンが ポタポタと落ちた。 (@@;)あれ?
芋虫が目的なのに・・・
6〜7頭落ちたのに 庭木に紛れていくつかは見つからなかったが、4頭確保した。
土の有る容器に入れると1〜2分で土に潜った。
明日にでも何者か確認してみたい。

ブラックベリー

ブラックベリー
これまた 果実時期にカメムシが付く。
吸汁か産卵か・・・吸汁であって欲しい〜


ミズヒキ

ミズヒキ全体を写真に収めるのはかなり難しい (^_^);


アズマシロカネソウ

アズマシロカネソウ


マテバシイ

マテバシイのどんぐり


水棲生物2

メダカの稚魚と不明生物

水棲生物未定

メダカの稚魚より 小さい水棲生物。
何者か全く想像が付かない〜
とても素早い動き。
(^_^);
関連記事

セミ幼虫の巣穴ごと 移動しました

セミの幼虫2

庭の敷き石を整備していたら その下から多分アブラゼミの幼虫が見えました。
整備の都合上 どこかへ移動しなければなりません。


↓数日前に同じように蝉の幼虫が見つかったのですが、巣穴が崩れていたため
飼育箱に土とともに入れたのですが、どうしても土に潜りません。↓
蝉の幼虫
動き回っていたのですが、翌日には死んでいました。


セミ幼虫3

そこで今回は 巣穴ごと移動を試みました。
もろくて 壊れやすい泥です。木の根が錯綜しています。
今回のケースでは敷き石に接して巣穴があることが分かります。
大きな石の下に穴がぽっかりということがよくあります。
小さな幼虫がどのようにして 快適環境を見つけ出すのか不思議ですネ


セミ幼虫4

巣穴の周囲をシャベルで少しずつ取り除きます。

ご存知の様に、幼虫は草木の水分を吸収して大きくなるようです。
たいてい樹木の根が巣穴の側に有ります。
剪定ばさみで 何本かの木の根を切りながら 取り出せるように慎重に掘りました。



セミ幼虫5
掘り出したあと 古い鉢に移動しました。
穴の上に慎重に石を載せ 周囲に掘り返した土を埋め込みました。
白っぽいものは 石です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

作業で 次の敷き石を起こすと その下にもセミの幼虫がいるではありませんか。↓
セミ幼虫1
コチラは まだ小さく白っぽい幼虫で、あと数年土の中にいる予定のものだと思います。
太い木の根(手前黒っぽいのが根)の下に棲んでいるようで、掘り返すのはあきらめました。
元通りに敷き石を被せて保存することにしました。


掘り返したブロックを移動する様子です。↓



関連記事
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ