干し柿と 夕日時の花たち

干し柿

干し柿


菊2

夕焼けを背景に 花々が赤らむ。



菊1

菊の仲間



菊

菊の仲間



カラタチバナの実

カラタチバナ
冬場には 食べ尽くされるので
記念写真(-_-);
(ストロボ撮影)


シロヤマブキの実

シロヤマブキも 夕日を浴びている



リップセージ

リップセージもポツリポツリと見られる。
夕日でいっそう赤い。
花時は終わりに近づいている。


スポンサーサイト



続きを読む

関連記事

チャノキの実

チャノキの実

チャノキの実。
昨年の花が果実となる、二年がかりの実という事らしい。
ウィキペディアによると「自家受粉の確率は数パーセントと低く、その種子の発芽率も10パーセント程度」とある。
小さな鉢植え一本しかないので、あまり実が見られないということか・・・

ミモトウガラシ

ミモトウガラシという鑑賞トウガラシ。
一度花が終わり、果実から取り出した種を蒔いたら発芽。
年内に二度 花と実がみられた。
葉も幹も実も紫。
地味過ぎて 鑑賞価値となると・・・有りや無や。


チジミザサ

チヂミザサ。
断捨離でこの後、没になった。









続きを読む

関連記事

オシロイバナ マユハケオモト ピラカンサ


この植物の名は?

オシロイバナ枠

この花の名前が即座に出てくる方は かなりの植物通でしょうか。


オシロイバナ種子

花後 と言えば分かりやすかったかも〜
オシロイバナ〜花弁ではなく萼片でした。
黒い果実が見えます。  (/_;)



モミジの翼果


モミジの翼果が 葉より先に紅葉(果?)中



マユハケオモト


マユハケオモト
刷毛・・・



続きを読む

関連記事

クラフト

センボンヤリ

空き瓶クラフト
センボンヤリの閉鎖花


ドングリクラフト1

金属クラフト
ドングリ(ナラガシワ)
畳(セッコウ)



クラフトガラス

金属クラフト ガラスクラフト
ビー玉(グリーンのガラス)や ガラス玉(扁平なおはじきふうガラス)ブルー



ホオズキ クラフト


ホオズキクラフト
ん?
どれがクラフト?
一個は 本物


関連記事

畑仕事は辛く 虫の撮影は楽し

畑

タマネギを植えるためのタイムリミットが来てしまい、重い腰を上げて草取りと畝立て作業。
赤枠が畑を起こし、タマネギを約250本ほど植える箇所。
疲労困ぱいの老人・・・


ショウリョウバッタ

チキチキチキと飛んできた 精霊バッタ。

オンブバッタ

オンブバッタも・・・・

オンブバッタもショウリョウバッタも隠蔽的擬態(mimesis)で緑や枯れ草色で擬態する。


ナナホシテントウ

ナナホシテントウも 軍手の上。
てんとう虫の中で一番絵になるので好きだ。
実際にほぼ実物大のクラフトでは 星7つ描くのが困難だったり
面倒で、2つ星(ナミテントウ?)に描いてしまうことが多い (-_-);

続きを読む

関連記事

どんぐり

コナラ1

庭のコナラは 目下ドングリをポトリポトリと落としている最中。
拾うのが日課になっている。
散らかった鉢や草の陰に落ちていると ついつい見落とすのだが、コレが発芽すると面倒。
折角発芽したモノを抜くとなると なにやら 気がとがめる(/_;)


庭のドングリ

毎年大量にキープしても 翌年は干からびて 結局ゴミになって捨ててしまうことに~
虫が這い出したりすると 最悪。



ナラガシワ

数日前に 公園のナラガシワの下から拾ってきたどんぐり。
ほぼ 9割9分が ムシクイ。
熱湯につけて 広げたところだが、ほぼ全部が 親指と中指でグシャっと潰れた。
中には虫の糞しか入って無いという有様。
虫が居なさそうな 硬いのは数個だった。



ナラガシワ殻斗

殻斗はまぁまぁ きれいだ。 何かの工作に使えないかと取っておきたいのだが、翌年はコナラ同様 干からびてゴミになってしまう。


マテバシイ


マテバシイ。
この中に虫が居るのを見たことが無い。
何か虫除け成分でも持っているのだろうか?
クスノキのように樟脳成分?

ところがクスノキはアオスジアゲハがむしゃむしゃ食べるから,これまた面白い。
植物と昆虫はつかず離れずの関係のよう。

関連記事

今日の庭で

タンポポ
勢力争い。
タンポポ(在来種のはず)と ヒメマツバボタンが 鉢の半分づつ。
ヒメマツバボタンは一株  タンポポは複数株

タデの仲間

タデの仲間
庭と言うより山の中。
自分でも歩けない乱れよう。

山桜

山桜の季節外れの花(狂い咲き)


オオチャバネセセリ

オオチャバネセセリ



キタキチョウ

キタキチョウ
後翅の隅角がかなり鋭角的 (^-^)



アマガエル

この寒空に とても小さい雨蛙。
ミセバヤの花を写そうとしたら、飛び出した。
色がまるでヤマアカガエルのように斑な茶色・・・一瞬ヤマアカガエルかと思ったが 側面から良く見たら 馴染みのアマガエルだった。
鼻の孔を膨らませて まるで怒っているようだ。
なんと 鼻が長いカエルが居て ピノキオ蛙(リトリア・ピノッキオ(Litoria pinocchio))と言うらしい。
検索したら 「カエルの鼻」という書籍もあったりして、鼻だけ取り上げているのか?(^-^)

何気に見ているカエルも 庭に居てくれるだけで嬉しくなる。
無事に冬を越せるのが何匹になるか・・・・

関連記事

朝日の中で植物たち

アキギリ

早朝 太陽が横からさすとき 草花の喜び?が伝わってくる。


カラタチバナ

カラタチバナ
冬には全て野鳥に持ち去られる実。


野菊(シロヨメナ)

野菊(シロヨメナ)


秋の空

午前中 秋空が広がった。
柿の実は まだあおい。


蝶が舞うー
キチョウ室内

何と事務所(兼作業場)へは トンボや蜂、蠅が飛び込んでくる。
空いていた所から キチョウが部屋の中を飛び交う。
網戸の内側を飛ぶ蝶。

キチョウ・ニラ

外へ出して暫くすると ニラの花(園芸種らしい)に止まっていた。


アイタデ

アイタデ

ヨウシュヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウ


続きを読む

関連記事

十三夜の月

十三夜

明るい月だなと写真を撮った。 (合成)
夕方のニュースで 十三夜だと言っていた。
どうやら十五夜の直前 (^-^)
大きくて明るいハズだ。



ヤマトシジミとキタキチョウ


メドハギが 強い風で揺れていた。
ヤマトシジミ?が逆さになっていた。
普通に止まるより 強風を受け流す合理的な止まり方なのだろうと思う。

キタキチョウの蛹もぶら下がっている。
ここから 数頭のキタキチョウが 孵った。
キチョウは成蝶越冬すると思うが、この庭にも越冬蝶が見られそうだ。


続きを読む

関連記事

黄金虫の幼虫

モミジバフウ(街路樹)
街路樹として 植えられている モミジバフウ (右隅に石川門が小さく見えます)
紅葉の季節だ。


モミジバフウ(公園)

昨年11月の公園樹。 冬枯れのモミジバフウ。

過去には沢山実が拾えたのだが、この頃は落下する果実はすぐに回収破棄するようで 余り奇麗な実が落ちていない (;_;) 管理が行き届くのも 考えもの(/_;)
3年ほど前までは ビニール袋をもって ドングリや 果実を拾う人が沢山いたが今年は見かけなかった。
替わりに園内にはドングリの木の下に、ドライヤーの大きなもののような、送風機?で、落ち葉や(多分)どんぐりも含んでかき集められていた。


モミジバフウ果実

モミジバフウの拾った果実は複雑な形状をしていて、ボタニカルアートの題材によく使われるようだが、自分では描きたくない・・・それほど複雑な形状をしている (>_<")


モミジバフウ立ち枯れ

何年も前に種を蒔いて 鉢植えで育てたモミジバフウ。
写真は2メートルを超し、一昨年辺りから(収穫に至らなかったが)小さな実が成った。

ところが二本有ったモミジバフウが、今年二本とも紅葉期になる直前一気に葉を落とし、樹木そのものが枯れてしまった。
いろいろ調べると 甲虫類の幼虫の根っこへの食害らしいことが分かった。
(注意したいのは カナブン、ハナムグリは害を及ぼさない)
抜こうとすると軽い力で鉢からスポッと抜けた。
まるで一本の棒のようだった。



ミズナラ幼苗

コチラはミズナラのポット苗。 
突然枯れたので引き抜くと 主根を残して側根(支根)はすべて無くなっている。
モミジバフウもミズナラも 柔らかい側根がすべて食べられていたことになる。



コガネムシ若齢幼虫

小さな塩ビポットの土の中から コガネムシ(名前は暫定)の若齢幼虫が ぞろぞろ・・


ミズナラ立ち枯れ

ミズナラの葉も枯れていたので 鉢を見たらわずかの幼虫で まだ樹木は回復しそうだった。
(コチラは幹に裂け目や割れた表皮が沢山有って、幹に入り込んだ害虫も考えられる)

ナラガシワも 突然成長が止まったかのように、実と葉がすべて落ちていたが、枝を折るとみずみずしくて未だ生きているようだ。
何とか来春は葉が出そうな予感がする。出て欲しい(-_-);
新しい鉢へ植え替え 殺虫剤をすき込んで植え替えをした。
抜いたときに、幼虫は若齢と思えるのが数匹しか居なかった(^^)♪

そして 枯れたモミジバフウの鉢には 写真のような終齢幼虫と思われる大きな芋虫が・・・・・
20cm位の深さ ホボ鉢底の辺りに20匹ほど見つかった。
憎っくき犯人達だ・・・   このまま 園芸ゴミの収集袋に入れた。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下は 閲覧にご注意下さい。
かなり不快に思われるかと思います。
虫の嫌いな方は飛ばして下さい (/_;)

コガネムシ終齢幼虫


動画は YOU TUBE にあります。(閲覧注意)

関連記事

ミゾソバ

ミゾソバ葉

ミゾソバの葉

ミゾソバ


花弁に見えるのは 萼片だそうな・・・


関連記事
プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アクリル画  コノテガシワの受粉滴 コメツブツメクサ ツノマタタケ ヤガタアリグモ アクリル ハルニレ ヒヨドリ アゲハ ハネナガイナゴ 帶蛹 蝉蛻至楽 コオイムシ 帯糸 センニンソウ ヒメマツバボタン アロニア キタテハ シュンラン ボンネットバス モミジバフウ リョウメンシダ 貝殻 垂蛹 ノアザミ アオオビハエトリ カギバアオシャク 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 クサキリ ヤゴ ペンギン ヒシバッタ 石膏人形 タチヒダゴケ 冬芽 メダカ キクザキイチゲ ウスグモスズ のと里山海道 カワカゲロウ オオアトボシアオゴミムシ キジバト オスグロハエトリの雌 オレクギエダシャク アキカラマツ クスノキ タンポポ リュウキュウアサギマダラ スズメ セッコウ ホオズキ 黒いアマガエル ヘリグロテントウノミハムシ キンキマメザクラ オオバジャノヒゲ 椎の実 コバンソウ クロトガリキジラミ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン カニノツメ ジョウビタキ コナラシギゾウムシ サカマキガイ 大雪 玉ネギ ボッチ 水滴 コナラ