テントウムシの幼虫

ヒエメカメノコテントウ幼虫

ドングリの木に アブラムシが現れると、テントウムシの幼虫が多数出現する。
もちろん 成虫も・・・

ヒメカメノコテントウの幼虫
ダンダラテントウの幼虫と配色が同じで注意だが、当家の庭では見かける成虫はヒメカメノコテントウのみ。

ヒメカメノコテントウ

ヒメカメノコテントウ
成虫も色彩が多岐に渡り 一瞬戸惑うタイプ。
写真は代表的な文様で判りやすい。
とりわけ十字が有るのは覚えやすい。


ナミテントウ蛹化

ナミテントウの前蛹
ガラスに蛹化中


ナミテントウ1

ナミテントウと思われる

ナミテントウ

ナミテントウと思われる。


ナミテントウ幼虫

ナミテントウの幼虫
コナラの葉上を歩いていても 見つけやすいい色をしている。


並 ジュウクホシテントウ

ナミテントウ?
ジュウクホシテントウ?というのもいるようだ。
追記:
どうやらナミテントウが正しいようだ。
ジュウクホシテントウは黄色い下地に19の星?の絶滅危惧種だとか。

ネットでは正中部の星がなくて ジュウハチテントウというのも居るらしい、それもナミテントウの事のようで実にややこしい。(;_;)


スポンサーサイト



続きを読む

関連記事

テングチョウ    ハキリバチの被害

テングチョウ0

柿の木の徒長枝が目にあまるので(というのは ソチラへ栄養が行ってしまい、花芽が育たないと感じるから)
この時期リスキ−だが少し剪定を試みた。
長枝切狭も届かないので、二階の窓から剪定した。
途中 黒っぽい蝶が柿の葉に止まった。遠目にみてもテングチョウのシルエットに見えた。
ポケットカメラで 感で写したのがこの写真。
真ん中は柿の花〜〜〜 右端に蝶が写っていた。

テングチョウ1

慌てて階下へ カメラを取りに行き、逃げないで居てくれるよう祈りつつ覗くと未だそのまま。


テングチョウ2
かなりアップで撮れて 良かった。
まさか我が家の庭木にテングチョウが来てくれるなんて、想像したことが無かった。
逃げる前に動画をと 写し始めた途端、飛び上がるように20cm程 上の葉に移り、
すぐに舞い上がってしまった。
PCで見たら、蟻が蝶の周りを歩いていて、どうやら驚いた蝶が わずかにジャンプして退いたようだ。
その後 庭のエノキを少し期待を込めて見たが 一鉢は無事?、もう一鉢の鉢植えは 葉が食害に遭っていたが、テングチョウの幼虫がいるハズもなかった(^_^);

ユリノキ

葉っぱの食害と言えば ユリノキがハキリバチにやられて 独特のフォルムも台無し。


ユリノキ

やっこ凧の要な葉の形が ピンオ−ク?


クマヤナギ1

そういえば数日にわたって、クマヤナギがハキリバチにやられて、コチラもまさにピンオ−クの葉になっていた。


クマヤナギ

昨年の同時期、被害に遭っていない奇麗な葉っぱ。


ピンオ−ク1

ところで ピンオ−クの葉の形はと 確認に行って「大ショック」

(;_;)  コチラもハキリバチにやられていた。
酷すぎる。(`_´)#


ピンオ−ク2

オ−クの仲間でこんな細い切れ込みの種類もあるようだが、これは間違いなくピンオ−クで、もう少し幅の有る葉なのに〜〜〜  葉脈を残して紐のような葉になっていた。







関連記事

きょうりゅう の 化石

コナラ


コナラの葉の化石
(写真は恐竜博物館の展示物から)


ユリノキ

ユリノキ
現在と全く同じ(^^)♪

ミズナラ

ミズナラやマタタビ


貝





空を飛んだ恐竜

空を飛んだ恐竜


空を飛ぶ

想像図



首長恐竜

首の長い恐竜


T--REX

人気のティラノサウルス 骨格
なんと 福井県には歯の化石が発見されている。


---------------------------------------
福井県立恐竜博物館へ行った (今年4月中旬)
---------------------------------------

恐竜博物館

44体有余の全身骨格が展示されていて 圧巻



動画は4分25秒あります。
お暇な方・・・館内へ

続きを読む

関連記事

羽化ラッシュ 蛹化ラッシュ 

アオスジアゲハ羽化直前

昨日はアオスジの羽化で、仕事にならなかった・・・
今朝 残った二つの内、一つが羽化直前の状態に・・・
羽化したら 写真を撮ればいいやっと 〜  


アオスジアゲハ羽化直後
25分後の状態
いつのまにか 羽化していた。
無事だった。
その後 間もなく飛び去った。

ツマグロヒョウモン

背後でふわさっと音がして・・ツマグロが羽化していた。
2週間ほど前に スミレの仲間にいた幼虫が、側に有った不織布にぶら下がり蛹に。
二週間程で羽化して 飛び立った。

テントウムシ前蛹2

もう 虫に引っかき回されるのはゴメンだと思う〜と内心考えていたら、
テントウムシの蛹化したものが見つかった。

う〜〜ん 葉っぱを折りとって 室内に持ち込んだ。
テ−プで葉っぱを固定していると〜

テントウムシ前蛹

途端に ちょっとした悲鳴が聞こえて玄関先へ・・・家人が指さす。
昨年アオスジアゲハが蛹になった玄関ドアの ガラス部分にテントウムシの
前蛹がぶら下がっている(@@;)
あの半年間の気苦労で(*_*) マイッタ家人たち  m(_ _)m

ドアの開け閉めには影響しないので そのまま 蛹にさせることにした。


アゲハ幼虫

もう 幼虫やら 蛹やらと言う話題は 自分でも辟易・・・
ダイダイや柚子の葉を食い荒らす アゲハ幼虫が・・・

アゲハの飛来や産卵の回数が増えてきた。
悩む毎日〜〜
関連記事

アオスジアゲハの羽化シーン

アオスジアゲハ羽化3
今日は日曜日
今朝アオスジの蛹をチェックすると、羽化直前の状態のものが・・・
タイムラプス撮影の準備。


アオスジアゲハ羽化
殻が割られて 頭を出す。
(AM11:05ころ)

アオスジアゲハ羽化1
一瞬にして脱出。
(AM11:06ころ)


アオスジアゲハ羽化2
脚力を頼りに上方へ移動する。
(AM11:11ころ)


午前中に羽化後 目を離している間に 外へ飛んだようだ。

アオスジアゲハ羽化後飛翔

午後2時半ころに 庭のハルニレの植木に止まっていた。

もみぼっくりの撮影↓をしようと 樅の木を見上げると
アオスジ発見。(PM1 2:51)

この庭で産卵してくれることを約束した(?)
(オスメスわからないのに^^; )

もみぼっくり
モミぼっくり



ノアザミ
ノアザミが咲く


ヤマツツジ

ヤマツツジ



関連記事

寄植え 花苗

花材

地域の小さな会で 寄植えをすることになり、花材を買おうと思ったらひと鉢3〜400円がほとんど。
200円を切ると なんだか 見栄えしない花材に・・・・
そこで 6連ひとまとめという 6個単位の花苗を購入して 数日育てて見栄え良くなったところで
ハサミで一株ごとに切り分けた (^^*)


サルビア

サルビアが真ん中になりそう・・・

サフィニア(ペチュニア)

ノコギリソウはきれいだ・・・ペチュニアの仲間は 花が終わりそうな ヨレヨレ状態 (;_;)
その他ベゴニアなども買った。

ペニー

この黄色い 葉っぱが大きい花は、
店頭では名前表示が無く(6連は安物扱いで名札がなかった)やっと 株元に
「ペニー (オレンジ)」と鉛筆書きの 紙切れが挟まっていたので やれやれ ペニーか🎵
と 帰宅後 検索しても黄色い花で ペニーなんて 出てこない。
写真をもとに 画像検索にかけたら ひまわりしか出てこない。
メランポジュウムというのが 最も近そうだが そうなるとペニーって? 何?
一応 メランポジュウム ミリオンゴールド?あたりでオレンジ色ということに・・・・


一人100円の参加費で 17名が参加予定だとか。
百均で鉢が110円 (@@;)
花苗6連だと一株70円で済む。
5種類で 350円前後。 園芸土、鉢底石、移植ゴテや何やかにやと予備に買ったら
とんでもなくお金がかかるなぁ〜〜〜と
補助金ギリギリで ひと鉢の寄植えなるか・・・・



関連記事

アオスジアゲハ羽化 ハナバチ・クマバチ

アオスジアゲハ羽化

昨年から玄関ドアに蛹化していたアオスジアゲハの蛹。
今朝 羽化していた。
たまたま昨日・・・
羽化後に捉まる場所として、麻縄を蛹の側に貼り付けておいた〜


アオスジアゲハ羽化01

幸いなことに、その縄に止まって翅を広げていた。


アオスジアゲハ羽化2


コチラは3日前に 羽化したもの。
昨年、折り畳んだアルミの脚立に蛹化した やはり迷惑蛹。
この間、脚立が使えなかった(;_;)



アオスジアゲハ羽化1

ハシゴの陰からコンニチハ〜無事で良かった。(;_;)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ベニバナエゴノキ

ベニバナエゴノキの花が 満開。(下の方は コデマリ)
花粉目当ての昆虫が殺到している。
中でも多いのがコマルハナバチ(?)とクマバチ。
クマバチは重すぎるのか 花をぽろりと落とす場面もある。



コマルハナバチ

コマルハナバチ(?)
花粉団子付き。雌の働きバチと思われる。
(写真のために一時 ガラス容器に入ってもらって撮影)



クマバチ

コチラは クマバチ。

花は ツツジ。

クマバチとコマルハナバチ


大きさを比較すれば クマバチ(上)の大きさが際立っている。
コマルハナバチ(下)




関連記事

小判草の花

小判草の花

コバンソウ


コバンソウ4


コバンソウ5


コバンソウ2


コバンソウ6
関連記事

ヘビイチゴ

ヘビイチゴ


[ ヘビイチゴ ]
内がわの萼に包まれた 赤色にドキッとする。


ニワゼキショウ

[ ニワゼキショウ ]
花びらの形も色も、意匠のすばらしさに なぜかほっとする。


ヒメウツギ

[ ヒメウツギ ]
関連記事

気まぐれな写真

コデマリ

[ コデマリ ]の花が盛りを過ぎた。
枯れ始めの茶色も趣がある。


ナラガシワ

[ ナラガシワ ] 鉢植え盆栽が なんともでっかい葉・・・


キキョウソウ

[ キキョウソウ ]
何とか二株が成長中。


マムシグサの果実

[ マムシグサ ]に果実が出来た。


ピンオ−ク

[ ピンオ−ク ] 


アズマシロカネソウ

[ アズマシロカネソウ ] 果実は竹とんぼ風。


関連記事
プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アクリル画  コノテガシワの受粉滴 コメツブツメクサ ツノマタタケ ヤガタアリグモ アクリル ハルニレ ヒヨドリ アゲハ ハネナガイナゴ 帶蛹 蝉蛻至楽 コオイムシ 帯糸 センニンソウ ヒメマツバボタン アロニア キタテハ シュンラン ボンネットバス モミジバフウ リョウメンシダ 貝殻 垂蛹 ノアザミ アオオビハエトリ カギバアオシャク 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 クサキリ ヤゴ ペンギン ヒシバッタ 石膏人形 タチヒダゴケ 冬芽 メダカ キクザキイチゲ ウスグモスズ のと里山海道 カワカゲロウ オオアトボシアオゴミムシ キジバト オスグロハエトリの雌 オレクギエダシャク アキカラマツ クスノキ タンポポ リュウキュウアサギマダラ スズメ セッコウ ホオズキ 黒いアマガエル ヘリグロテントウノミハムシ キンキマメザクラ オオバジャノヒゲ 椎の実 コバンソウ クロトガリキジラミ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン カニノツメ ジョウビタキ コナラシギゾウムシ サカマキガイ 大雪 玉ネギ ボッチ 水滴 コナラ