公園の樹

ラクウショウ

[ラクウショウ]

近くの公園へ行ってみた。


ラクウショウの実
[ラクウショウ]
梢には実がたわわに実っていた。



アキニレ
[アキニレ]
こちらも実(翼果)がたくさん実っていた。



ヒマラヤシーダ
[ヒマラヤシーダ]



ユリノキ
[ユリノキ]


ウメモドキ
[ウメモドキ]



ナラガシワ
[ナラガシワ]


沼の辺り
[ 沼の辺(ほとり) ]
公園の小さな人工池に人工の島があります・・・
その小さな島の植生は手つかずにしてあるようです。
この場に来ると 野鳥の鳴き声がひときわ大きくなると感じます。

沼のほとり 動画はココ


スポンサーサイト



関連記事

ヒヨドリ 

ヒヨドリ

ヒヨドリが来るようになった。ブラックベリーの木に止まっているところ。



アオサギ

わずかに残った田んぼに アオサギ’ (だと思います)が佇んでいた。


モミ

温かいので モミの枝打ちをした。
キジバトが巣を作れないように 混み合った枝を少し梳いた〜だけ。


ナラガシワ

ナラガシワ
 かっこいいどんぐり(^^)


コナラ

毎日 このくらい落下している。
コナラどんぐり


カラスウリ

ウメモドキとカラスウリ
関連記事

弓張月

Moon

上弦の月 (弓張月) 合成
関連記事

実りの秋

コナラどんぐり

庭のコナラのどんぐり

落下どんぐりはほぼ全て殻斗から離れている。
写真は殻斗に実をくっつけたもの。


ユズ・アケビ
頂き物の柚子とあけび。
幼少期のおやつだった "あけび" 全く食べるところが無い〜野鳥向けかも。
未だに秋を実感する果実🎵(^J^) 



栗
こちらも 頂き物の 栗
これも幼少期は秋の賜りものだった。
ただし 柴栗とか山栗という、小さなものだった。
大半に虫が・・・・



雲南百薬1
[ 雲南百薬 ]
ナンキンハゼの鉢植えに絡んで見上げる程に。
左の葉はナンキンハゼ(右側は蛾の幼虫に食べられて枯れ枯れ坊主状態に)。



雲南百薬
雲南百薬 ]
面格子に絡む蔓。
蔓延る速さは蔓の中でも一番か? (^_^)








Craft ↓↓
  続きを読む

続きを読む

関連記事

tag : 雲南百薬

似て非なる・・・

ユズリハ&ヨウシュヤマゴボウ1

草木の写真です。
そっくりな葉が。
左右二本の別々の葉です。

はて  草木の名前を当ててください。

答えは ↓↓の

「続きを読む」 リンクにて

続きを読む

関連記事

もう十月中旬

キンモクセイ花
[ キンモクセイ  ]
密かに香り 人を振り向かせる。
写真は開花直前。
夕方に強くなる香りだが・・・
突然の雨。
明日も雨模様。



モミジアオイ花
[ モミジアオイ ]
二つの鉢に十数本・・・
ポツポツと開花して、楽しませてくれたが、そろそろ咲かなくなるかも。
花も少し小さめ。


ミズヒキ&ハナタデ
[ ミズヒキ & ハナタデ ]



ハゼラン花と果実
[ ハゼラン ]果実と花



コノテガシワ果実
[ コノテガシワ ] 果実
爆ぜて種子が出る。


ウバメガシどんぐり
[ ウバメガシ ] 堅果は二年目に茶色くなる。



コナラどんぐり
[ コナラ ] 堅果
開花年にどんぐり拾いができる🎵



ナラガシワどんぐり
[ ナラガシワ ] 堅果
開花年にどんぐり拾いが出来る🎵
写真の木は公園樹のどんぐりからの実生苗。
鉢に閉じこめて数年で葉は交雑種の特徴か ミズナラに似る。
公園の木の葉はカシワ系の大きな葉だったのに 先祖返りか(^J^)


ナラガシワ・ミズナラ

左の二本がカシワ? 右奥がミズナラ。

二本寄せ植えだったのだが、平鉢で今年のような猛暑を乗り切るのが
困難になったので やや大きめの鉢に植え替えた。
植え替え時の根鉢状態。↓
ナラガシワ根鉢



 
関連記事

毎日 日のくれるのが早い そして10月も中旬

アカジソ
[ アカジソ ]
畑に一本だけ残した苗〜バカでっかくなっている。



セセリチョウの仲間
[ セセリチョウの仲間 ]
かなりの数がバタバタと飛んでいる。 いくつかの死骸もひっくり返っていた。
庭にはチャバネとイチモンジが混ざり合っている。
デュランタの花から吸蜜をしていることが多い。

アオバハゴロモ
[ アオバハゴロモ ]
人間の動きを見て樹木の影へ隠れる。


キマダラカメムシ
[ キマダラカメムシ ]幼虫
プルーンの木には いまだに成虫も見かける。

ショウリョウバッタ
[ ショウリョウバッタ ] 褐色形


キタキチョウ
[ キタキチョウ ]

クマバチ
[ クマバチ ]の仲間
キムネクマバチやタイワンタケクマバチが晴れた日にやって来る。
デュランタで吸蜜。
デュランタの花糸は細くて、クマバチが止まるのは至難の技のようだ。



夕日

日は落ちていく・・・
いつの間にか十月
月日の変化スピードはかつてなく早い
関連記事

どんぐり 落下始まる

池に落ちたどんぐり
[ コナラ ]
どんぐりが自然落下するようになった。
この先 回収が面倒



水滴・ミセバヤ
水滴  [ ミセバヤ ]
 

水滴・オキザリス
水滴  [ オキザリスの葉の上 ]




ミズヒキ
[ ミズヒキ ] の盆栽風鉢植えに、しら〜っと 寄せ植えになっている、ナガエコミカンソウ。



ダイダイ三鉢
[ ダイダイ  ・  アゲハ幼虫 ]
小さな鉢三つに 数本のダイダイ〜アゲハ幼虫が10頭以上で、いよいよ葉っぱが無くなってきた。



ユズへ強制移動
[ アゲハ幼虫 ]
止むを得ず これまた葉が無くなりつつあるユズの木に
移動するしかない・・・
先遣隊 5頭

アゲハ強制移動
ダイダイから ユズへ強制移動したが、即 葉を食べていた。


旧ユズの木
[ ユズ ]の木

孵化後12日ほど経っているのに、極小の幼虫。

モンキアゲハ
(ナミアゲハに近似しているので、名前は未定です )
小さいことの例えに「ゴマ粒位」と表現するが、コレが実写(^o^)
赤飯に付いてきた「ゴマ塩」のゴマ一粒と比較したのが コレ。
いかにも 小さい幼虫さん。

モンキアゲハとアゲハ
大きさの違い
アゲハ(右)は5齢 終齢幼虫
左は不明幼虫。




モンキアゲハ産卵
[ モンキアゲハ産卵 ]  2023.9.27
動画からの切り抜き写真。ボケていますσ(TεT;)

先のアゲハ幼虫で食べ尽くされて、養生のために庭の日陰に移したユズの木だったが、
すぐに モンキアゲハが産卵したのだ。
カラスザンショウが食樹と言われているのに 何でまた葉の無いユズに産んでいくんだ(; 。;)
蝶の世界も餌不足なのか。
産卵から約12日目になる。
(特記事項として 成長が遅い・・越冬蛹になる可能性もあり)



新ユズ

とうとう 餌用にユズの苗を買ってきた。小さな実が数個付いているのだが、この先の
運命はとても気の毒なユズの木。 大きな鉢に植え替えて残されたアゲハ幼虫を数頭
移動した。 すぐにばりばり食べる者もいた。
やっと 肩の荷が降りた気分だ。



クラフト遊びは 次へ続く↓

続きを読む

関連記事

タイワンタケクマバチ

ハイビスカス
[ ハイビスカス ]


タイワンタケクマバチ
[ タイワンタケクマバチ ]
タイワンタケクマバチが飛来
この頃では翅色で他の "くまんばち" と区別ができるように\(^o^)

タイワンタケクマバチ1
[ タイワンタケクマバチ ]



タイワンタケクマバチ2
[ タイワンタケクマバチ ]
顔面が黒いのはメス

タイワンタケクマバチ3
[ タイワンタケクマバチ ]



コナラ
[ コナラ ]
庭のコナラは 例年と同じくらいどんぐりは豊作に思えるが、山で不作のため熊が〜
熊の里山(当地では市街地)出没注意だとか。

追記:10月9日 市内で高齢の男性が襲われ大怪我を負った。
    一昨日は 通学路に熊情報と・・・怖い話が続いている。

毎年のように注意喚起されて 山へ行く事が無くなった。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お子様

蝶の幼虫を観に近所のボクちゃんが来てくれた。
アゲハやアオスジアゲハの幼虫を指で触る・・・(>_<);
♪♪「あおむしは おなかが ペコペコ♪♪
   ♬ ちっぽけだったあおむしが こんなに大きく太っちょに ♪

 ハッパの幼虫たちは多分 恐怖でおののいていることでしょう 〜
関連記事

ハゼラン   オシロイバナ

ハゼラン花々
ハゼラン
 
ハゼラン葉
ハゼラン
  いつの間にか庭に生えていた・・・
  頂き物の鉢土にでも混ざっていたのだろうか・・・ (不明)


ハゼラン
ハゼラン
 三時草
 午後に突然開花する印象がある。


ハゼラン花
ハゼラン  花



ハゼラン蕊
ハゼラン  
 蕊


ハゼラン果実
ハゼラン
 果実

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
オシロイバナ
オシロイバナ
コチラはハゼランより遅れること一時間(^o^)
四時花
中国では夕飯時の花と言う名前が付いているそうだから、夕方に咲いて朝にしぼむこの花を
よく表している。
関連記事
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ