タイ フクラギ

頂きもの 
資料写真にするため ぱちり

タイ




タイ2

鯛 鯛

タイ フクラギ
フクラギ


フクラギ
フクラギ

   *フクラギ = ブリの幼魚
           日本海側の一部地域では「コヅクラ」→「フクラギ」
           →「ガンド」→「ブリ」と
           成長に合わせて呼び名が変わります。

1才ユズ (1)

匂い消しに・・・
1才ユズ(花柚子)
スポンサーサイト



関連記事

craft



テントウムシ1

テントウムシの製作途中


テントウムシ2

拡大

テントウムシ3

拡大

関連記事

キジバトの想い

キジバト0

居間から庭木を見ていたら キジバト飛来
二重ガラス越で 画像がぼけています  m(. .)m


キジバト2

すぐにもう一羽が飛来 仲良く枝に止まっていた
いつもと様子が違って 動きが落ち着かない
一瞬絡み合ったが 枝から滑って・・・・


キジバト0

混戦

キジバト1

元のように 一羽になった

動画も有るが5分近いので、暇な方で流して見られる方 限定で見て下されば・・・

関連記事

雪の庭で

    おまがえるの庭で   



スズメ

今日はヒヨドリとスズメの戦いが絶えなかった。
写真はつかの間の休憩時間か?

スズメ1
仕事場の窓を開けると くつろいでいるようなスズメが見えた。


スズメ2
野生の厳しい目だ

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
ピンボケ写真も楽しい。

トベラ
窓辺のガラクタ
トベラ


ナンキンハゼ
窓辺のガラクタ
ナンキンハゼ


ピンオ−ク
窓辺のガラクタ
ピンオ−クの落ち葉


ホオズキ
窓辺のガラクタ
ホオズキ


craft ネコ
窓辺のガラクタ
ネコのcraft


関連記事

雪の朝

おまがえるの庭で


池の辺り
庭の雪〜室内から撮影
矢印の下辺りに、メダカのmini池がある。
完全に雪の下



モチノキの綿帽子
モチノキの綿帽子
綿帽子と言うには重過ぎるようだ、30cmもある。
沢山の木々が押し倒されていた。
手前はユリノキの枝。



ヒヨドリ
ヒヨドリがひっきりなしに巡回してくる。
スズメとヒヨドリ、ヒヨドリどうしでバトルを繰り返していた。


オナガ達
電線に十数羽のオナガが止まっていた。
ぎゃぁ〜 と汚い?声で鳴き交わして移動して行く。


オナガ
オナガ

関連記事

冬の寒さにも負けずに

菊
庭の菊はほとんどを切り取ったが まだ元気な花を数輪残しておいた。
陽がさした一瞬、ハエのようなものが花粉を舐めに来たようだ。

センダングサケブカミバエ
センダングサケブカミバエのようだ
名前のセンダングサやオオキンケイギク、菊と相性が良いとかで、菊のシベに来たのだろう。
動画を撮っていたら 筒状花の隙間に頭をつっこんでお尻だけ見える状態になっていた。
名前のように毛深く頭部後方に太い白い毛が見える・

ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモンの幼虫
庭の石の上で日向ぼっこをしていた。
今年最後の幼虫だと思い、半室内のビオラの鉢に乗せておいた。

ツマグロヒョウモン
翌日 玄関先のタイルの上をエッチラオッチラ歩いていた。
再度ビオラの上に乗せたが、いつの間にか姿を消した。


フクラスズメ

網戸の内側に居たフクラスズメとおぼしき蛾。
手前が室内側の窓で、ガラス越しに撮った画像。

フクラスズメ
網戸の外側から撮ったのだが どこに脚があるのか全く分からずj終い。


カラムシ
写真のカラムシに幼虫が居たかどうかは分からないが、フクラスズメ成虫はほぼ毎年見ている気がする。



カラムシ
カラムシの花
当庭にはなにとぞ産卵しませんように m(. .)m

カメムシの仲間
プル−ンの樹皮にいたカメムシ
(イチモンジカメムシの仲間)



ハエの仲間
スダジイにいた(多分)ハエの仲間


関連記事

寒空で頑張る植物達

白鷺
強風に向かって飛んでいたサギが 緊急着陸。
近所の屋根瓦に留まった。


シャコバサボテン
ミゾレ模様の毎日
頑張っている草花を見ると 元気づけられる♪
シャコバサボテン


シャコバサボテン花
シャコバサボテン


おもと
オモト


トベラの実
トベラの実が爆ぜ始めた


ツバキ
ツバキ


ジュズサンゴ
ジュズサンゴ


リップセ−ジ
チェリ−セ−ジ  奥はアメジストセ−ジ


イヌホオズキ
イヌホオズキ(仮)



ヒメヒイラギ
ヒメヒイラギ


ジャスミン
ジャスミン


シロヤマブキ
シロヤマブキの実が残っている


天道虫

テントウムシ(アクリル画)

関連記事

ミズナラ  テントウムシ

ミズナラ落ち葉の色

ミズナラの落ち葉
落ち葉の掃除をしていて、きれいな葉が有るとついつい捨てがたく・・・・

ミズナラ

色がなんとも言えない
明るい赤銅色と言ったところか。



テントウムシ
赤色絵の具が有るとすぐに天道虫を描いてしまう習性が有ります。σ('ε';)
紅い丸を描いて、黒いサインペンで頭と斑点と脚を描きます。白いペイントペンで所々に斑紋を入れると
🐞 何とか天道虫に見えます。

YouTubeにやさしい歌がありました。

テントウムシの歌はここ

*Ladybird Ladybird Red & Black 🐞 | Ladybird Song | Musical Mayhem より
🎵
Ladybird Ladybird
Red & Black
How many spots are on your back
Fly to me, let me see
Very gentle I will be!
🎵

関連記事

今は散って無くなった黄葉たち

今はほとんど散ってしまった木々

コナラミズナラ11/27
鉢に植えられている コナラ・ミズナラ


コナラ11/26
地植のコナラ

ミズナラ
紅葉時のミズナラの仲間

ダンコウバイ
ダンコウバイとハウチワカエデ


ダンコウバイ4月
春先のダンコウバイ


ハウチワカエデ
春先のハウチワカエデ


ダンコウバイ11/24
ダンコウバイ(11/24)


ダンコウバイ11/26
ダンコウバイ(11/26)


イタヤカエデ
イタヤカエデ

アキニレ
アキニレ

紅葉
もみじの黄葉


ユリノキ
ユリノキ


ブラックベリ−
ブラックベリ−だけは現在(12月10日)でも写真のような オレンジとグリ−ンの混ざった葉が残っている。

雪に備えて 沢山の木々を紐で縛った庭は寂しい状態です。


Omagaeruの庭で
関連記事

冬芽 防寒準備完了

アオギリ葉痕
アオギリ

アオギリ冬芽と葉痕
アオギリ  葉痕


クロバナロウバイ葉
クロバナロウバイ


クロバナロウバイ
クロバナロウバイ


ゴマキ(ゴマギ)
ゴマギ(ゴマキ)


ゴマキの頂芽
ゴマギ   頂芽 葉痕




Omagaeruの庭で
関連記事
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ