シュンラン
シュンラン


シュンラン1
シュンラン


シュンラン2
シュンラン


ヒマラヤユキノシタ
ヒマラヤユキノシタ


カタクリ
カタクリ


マムシグサ
マムシグサ

ウラシマソウ(前ペ−ジ)

チュ−リップ
チュ−リップの花が咲いた





スイセン
    ↓↓↓続きを読むにて


スポンサーサイト



続きを読む

関連記事

春が来た 春が来た

ミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ


ニチニチソウ
ツルニチニチソウ


カタクリ
カタクリ


スミレサイシン
スミレサイシン
花後に葉が出る

ミスミソウ
ミスミソウ(スハマソウ 雪割草)



ヒヤシンス
ヒヤシンス



タチツボスミレ
タチツボスミレ


ウラシマソウ
ウラシマソウ
芽を出した


ヒメカンアオイ
ヒメカンアオイの花


ジグモ
ジグモだろうか


ヒヨドリ
ヒヨドリ
そろそろ別れの時が・・・
と思いつつ毎日訪れるヒヨドリをいとおしむ日々

ありふれた庭の草花だが、毎年見られることの幸せ

関連記事

春が来た!

畑の"玉ねぎへの施肥" と "エンドウの棚をつくる" ために 重い腰を上げた σ(TεT;)
畑の周りは春の草花でいっぱい
紫の絨毯はヒメオドリコソウ
黄色の絨毯はヒメリュウキンカ



ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ
畑の周りの空き地はヒメオドリコソウなどが群落を作っていた



タネツケバナ ヒメオドリコソウ
タネツケバナとヒメオドリコソウ
白い小花のタネツケバナの仲間が混ざっている



オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリとヒメオドリコソウ
定番のオオイヌノフグリも負けずに混ざっていた


ヒメリュウキンカ
ヒメリュウキンカ
かなりの面積 ヒメリュウキンカが群生
放っておくと一面に広がるので要注意です (/_;)




ヒメリュウキンカ2
ヒメリュウキンカ
園芸で土の再利用をすると、思わぬとこから顔をだす
小さいうちに球根を抜いて ポットにまとめるのが良い


ヒメリュウキンカ群生
ヒメリュウキンカ群生
地主さんは鑑賞用に生えるにまかせている


ヒメリュウキンカ3
ヒメリュウキンカ
陽の光を受けて大きく成長している



タンポポ(西洋タンポポ)
タンポポ(西洋タンポポ)
空き地に沢山見られるが 寒いのかまだ花柄は短い

タンポポ(在来種)
タンポポ(在来種)
庭の在来種に固そうな蕾が見えた


ツクシ
つくし
畑の帰り道
側溝にツクシが〜
段差のわずかな隙間にびっしりとスギナとツクシが生えていた

このような困難な状況下でも「生まれたところで育つしか無い」
本来の生育環境を「奪い取ったヒト」への恨みは まず無いのである
生きて子孫を残すだけ・・・・

健気だ⏔ (*_*);


関連記事

オナガ

オナガ集団
十数羽のオナガが飛来
水を飲んだり、何かをついばんでいた
強風だったので 羽根休め (^^)
一日の内に4〜5回巡って来る事もある
写真には4頭が写っている

関連記事

サクラ4態 🎶🎶

サクラ二種類

室内から二本の桜が見える
手前がキンキマメザクラ(か、その変異種)と教えて頂いたもの。
地植で苅り詰めて小さく仕立てている

右奥は鉢植えの 山桜



サクラ地植2
地植の桜は 花が全て下を向いている


サクラ鉢植2

コチラは鉢植えの桜
近隣の家が写り込むので 空に向かって撮っています(^_^);


サクラ鉢植1

同上
花がおのおの 下や横、中には空に向かって開いている


アメリカンチェリ−
ちっぽけな鉢に一輪の桜が咲いていて、名札を見たらアメリカンチェリ−
食べた後、種を蒔いておいた実生苗
始めての花(^^)♪


十月桜

コチラもちっぽけな鉢の 十月桜
昨秋 数厘咲いていたが雪が積もった頃に全て落花した
蕾のようなモノが濃いえんじ色で 気付いた



ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ



カタクリ
カタクリの蕾



関連記事

マメザクラが咲いた 

キンキマメザクラ

キンキマメザクラ  だと教えていただいた
今日 大きな震災から13年目だとして テレビで関連番組が放送されている
そんな日に庭の桜が十数輪開花した



キンキマメザクラ(仮)

とにかく 小さいのだ
萼筒には毛は見当たらない
サクランボが出来るが、下向きの花がむっくり起き上がって上方へ向くのだ

キンキマメザクラ2

定規を当てると 大きく見えるが 見た目は本当に小さい
花びら開帳が15〜6mm程だった



キンキマメザク1

シベの状態



ヒヨドリ黄色い嘴

2018年に撮ったヒヨドリの背景に 満開時のこの桜が写り込んでいた
たまたま見つかったのだが、ツバキの盗蜜で嘴の周りに黄色い花粉が着いている
室内からガラス越しに写したもの

白鳥

今回の地震で 被災された七尾市在住の方から、 白鳥の写真が送られてきた



craft JIN水滴
                   craft JIN

ずいぶん前に枯れ葉に描いたテントウムシと水滴
どのように描いたか忘れてしまって、二度と同じには描けそうにない




関連記事

檀香梅の花

ダンコウバイ花1
ダンコウバイの花が咲いた


ダンコウバイ花
ダンコウバイの花

ダンコウバイ拡大
ダンコウバイの花

アオキ西日
アオキと西日
当庭は日の出から日没まで陽が当たる場所があります。



コクサギ
コクサギの葉芽

モミ
モミ


サンゴジュ
サンゴジュ

タンポポ
タンポポのロゼット


ジャスミン
ジャスミン


サンチュ
サンチュ
包菜として使ったあと 放っておいたら花が咲いた。


シャコバサボテン
シャコバサボテン
薄桃色が何とも言えない・・・


ツバキ

ツバキに薄雪



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




ヒヨドリ
ヒヨドリ

ヒヨの足
脚を見ればその凄さが理解できる
こんな鉤爪を持っていることを知れば ヒヨドリへの見方も変わるかも〜

スズメやヒヨとの闘いの気迫は危機迫るものがある
野生で生きる者の凄さを知る事に〜


続きを読む

関連記事

寒空に開花するヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタ3

コノテガシワの株元でひっそりと咲いていた



ヒマラヤユキノシタ2
これらはすべて 鉢植え

ヒマラヤユキノシタ


ヒマラヤユキノシタ1
鮮やかなピンクは ひっそり咲いていると言っても 目に付く (^_^);

関連記事

ヒヨドリ


ヒヨドリ


ヒヨドリ1
片足を上げて挨拶です。「ピおっす」

ヒヨドリ22
もの思いに耽ることも多いです。
(観察者個人の感想です(v_v) )

ヒヨドリ3
かっこいいです

ヒヨドリ拡大1
まるで 人のような表情

ヒヨドリ拡大
掛け値なしで かっこいい・・・・・

ヒヨドリ2
羽で止まり木に支え・・・特徴的な止まり方。

こちらもどうぞ


ヒヨドリ庭

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

キジバト
水を飲みに来る

キジバト
関連記事

スズメ


スズメ

スズメ1


スズメ2


スズメ3



スズメ4


スズメ5
関連記事
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ