とある空き地の草花

解体工事

近所で大きな家の解体が始まった
その家の前に広い空き地が有って、昨年夏までは畑が有って、雑草はほんの少し見られる程度だった。
そんな草むらを経由して我が家の庭にも、昆虫など小さな生き物が訪ねてくれたのだ。

整地の後に数軒の住宅が立つ予定だとか〜
ピンチ(-_-;)



ヒメジョオン
畑をやめた途端 草がぼうぼうに生えてきた
もともと湿地を埋め立てた土地で、宅地の土盛り壁のコンクリートの隙間からは、穂を持つ背丈の高い植物が
生えていた。

カラスノエンドウ
今や カラスノエンドウやヤイトバナ、ハルジオンやヒメジョオンが見られる


ノビルのむかご
ノビルの背景は コメツブツメクサの枯れたものが繁茂


ムラサキカタバミ
ムラサキカタバミやノゲシの周囲も 同じツメクサで埋め尽くされている

コメツブツメクサ
半年の放置で こんなにも雑草が茂るなんて 驚きだ
コメツブツメクサ
上の写真は昨日撮ったもので草は立っていますが、以下は6月11日〜
梅雨入り初日で、大雨で倒れてしまったものです

コメツブツメクサ1
6〜70センチはあろうかと思われる
こちらも大雨で押しつぶされた様子

コメツブツメクサ2
枯れ始める直前の一株が見つかった
スギナの大きさと比較すると、一株のおおよその大きさが想像できるかも
雨の中撮った写真で 不鮮明かも(;_;)

コメツブツメクサ 花後
花後の枯れた部分
濡れていてわかりにくいが コメツブと言うだけ有って 小さい

コメツブツメクサ 果実
花びらに包まれて 果実と思われる粒が一個入っている

コメツブツメクサ 花殻と果実
これらの小さな粒から来年発芽するとしたら 一瞬にコメツブツメクサの群落が生じても
理解できる
このような草花が有ったことも知らない方々が 新しい住宅に住むことになるのだろう


そしてこれらの生息場所も狭められていくのかも ↓

ウロコアシナガグモ
ウロコアシナガグモが卵嚢を守っていた

ナガコガネグモの幼体?
ナガコガネグモの幼体だろうか 隠れ糸に鎮座していた

空き地の様子
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ