どんぐり ツマグロヒョウモン幼虫と餌

マテバシイ

マテバシイのドングリが成長を始めた。
どの子が大きくなるのか?  マチマチに大きくなっていく・・・





ツマグロヒョウモンの幼虫と餌のスミレ↓
ツマグロヒョウモン1

投稿の2日前
ギボウシの鉢の タチツボスミレが丸坊主になっていた
なんとツマグロヒョウモンの幼虫がびっしり
3〜40匹は群がっていた  (@@;)

ツマグロヒョウモン2

2日後は プランターのスミレがことごとく食べられていた。
場所は家の裏手で チョット行かなかった間に 産卵があったようだ。
○内は 葉の無くなった スミレの茎。
左は持ち込んだスミレ。

ツマグロヒョウモン3

近くの スミレ類には 写真のような状態で群がっている。 もはや周りにスミレ類は無い。(;_;)


ツマグロヒョウモン4

急遽 餌用のスミレ類を持ち込む。
数日前に餌として丸坊主になったスミレも、養生中だったが 急遽再度餌として提供。
やっと葉が回復し始めたところのポットも有る。 受難続きのポットも。

スミレ類

餌用に育てていたスミレのポット。四個の箱を運び込んで〜
それぞれに幼虫を分散。
この先蛹化するときにどうするか 興味が有る。
このままではフェンスを登り 柵にブラブラしそう・・・
隣家の方々から 白眼視されそうなので 
 何かしら(蛹になるための)足場を準備しないと・・・大変なことになりそうだ。 (^^)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

アゲハやスズメガの幼虫よりはまだゾクっとしないですが、幼虫をよく触れますね(^^)
スミレの調達が大変そうですが、羽化の時を思うと私も楽しみです(^^)

No title

かぜくささん 今日は(^^)

幼虫も「ムニュムニュ」や毒蛾幼虫は 見るのも抵抗があります〜
ツマグロの幼虫だけは 無毒と知ってから 一瞬なら触れます(-_-;)

庭の断捨離に精を出していますが、イラガには刺されっぱなし(;_;)

雨ではかどりません。
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ