キジバト

キジバト

4月19日から 巣の上に座っている。
時折 雄(だと思う)が訪れている。

家への出入りはキジバトの目の先1メートル位しかはなれておらず、
「ででっっぽっぽ🎵」 と 声をかけながら通っている。
幸い目下 いい関係を築けているようだ。

巣を勝手に取り除くと「動物愛護法」に抵触するらしい。
ネットで抱卵してから 幼鳥が飛び立つまでに ほぼ2ヶ月ほどかかるそうだ・・・

ピジョンミルクを飲むようになると、巣の下は真っ白のフンの山に。
過去に当 Omagaeru庭で二度の営巣があったので経験済み。
巣の下の地植のシュンランがフンまみれになった苦い思い出が・・・

今度は玄関通路そばなので なにか防御策を考えなければ・・・






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ