とりとめのない 毎日・・・・

キジバト
*一羽はこの庭で生まれたキジバトです。
「 どうして判るの?」と 思われる方も多いかと・・・
この写真のツーショットになる数時間前のことです。
一羽が柿の木に止まっていました。ここで生まれたキジバトだとおもいます。
巣離れするまで 飛ぶのもおぼつかないころ、樹木の止まる場所、動作、鳴き声などから
(管理人)から観て「あ、ここで育ったキジバト」だと直感  (^-^)v。
案の定 ガラス戸二枚、網戸を一枚 ガタピシ言わせて開けて 「デデッッポー」と幼鳥時代の呼びかけをしたら、
” グ〜〜〜グ〜〜〜”と低周波?で 鳴くではアリませんか・・・

その後一時間ほど 鳩の定番の鳴き声で「デデッポッポー」を繰り返していました。

そうしたら バサバサバサッ ともう一羽が来て 庭で一緒に散策?
その時の写真です。

この間巣立って もう恋人(鳩)の紹介に来たのか〜心をよぎりました。

モミ剪定
なんと 次の管理人の行動が 「モミの木の剪定をしなくっちゃ」でした。
先ごろ空いた巣の除去をしたときに あまりの汚さに辟易して、「二度と巣作りさせない」
 ようにと モミの枝を少し間引いたのですが、まだまだだと思い至りました。

巣掛けは 安定した枝ぶりで、巣の上に雨を凌ぐ屋根状の枝葉も必要です。
春先の巣作りは絶妙な箇所に作ったのです。 通路の目と鼻の先でした。
幼稚な考えですが乾燥した糞などから 鳥インフルエンザにかかったら コロナのようになるのでは?
 などと
巣の存在を恨めしく思ったのも事実です。 (^_^;)無知?

そこで確実にするために より巣作りしにくい 枝ぶりになるよう 強剪定するという 愚挙にでました。
写真の中央がモミの木。やや右側の茶色いハンギングのあたりが 春に巣を掛けた場所です。
かつて営巣した木(イトヒバ/ヒヨクヒバ)が まだ庭に有るので ソチラで巣作りは ウエルカム
 ということで、 モミの木はさっぱり選定・・・・木には申し訳ないと思います。


プルーン・ブラックベリー・ポポー・オクラの話題は 以下に続く↓



プルーン

プルーン 復活の証
かつて樹木内に害虫が潜入して 一度枯れた 浅間プルーンの木。
根際60CM程残して伐ったのですが、そこから 横枝が成長し 主幹になりました。
以来三年ほどで たわわに実が付きました。熟して欲しいです。


ブラックベリー

ブラックベリー
コチラもたわわに果実が成っています。

オクラ

畑のオクラノ花 (オクラは地主さんのモノですが・・・・)


ポポー

ポポーの葉が出てきました。


タンポポ

タンポポの綿毛
画材のフィキサーチという液で 軽く固定されていて 飛び散ることは無い状態です。

モミジバフウ

モミジバフウ

マメコガネ


畑のインゲンにマメコガネが多数いました。消毒するわけにいかず 「シーっ シーっ」と口走りましたが、
落下するだけで・・・・ 今度畑行くのが怖いです。
数日前にシャクガの幼虫にやられて 鉢の樹木が枯れた恐怖が蘇って きて 世に害虫と呼ばれる
虫に敏感になっています (^_^;)



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お庭のできごと、とても楽しく読ませていただきました。
ハトとはもうお友達だったのですね。
玄関近くはやはり遠慮してもらうのがいいですね(^^)
ポポーを蒔いたのですね!
オクラの花は家のギンセンカにそっくりでした♪

No title

かぜくささん  こんにちわ。

オクラの花の色合いを見たときに、貴ブログのギンセンカを思い出して、写真を撮りました。貴ブログはいつだって 先生です
m(_ _)m
庭の出来事では話題も無く、つまらない話ばかりす。
読んでもらって ありがとうございます。
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ