庭仕事

モミジバフウ


モミジバフウの鉢植え が二鉢共に枯れてしまった。
鉢の中にはコガネムシの仲間の幼虫が大発生している。
枯れた原因ははっきりしないが 根っこの食害だろうか。
大きなプランター植えの菊も、丸ごと 枯れてしまった。
たくさんの鉢に 甲虫類の幼虫がみられるので、
クスリをすき込んだ。
ただ 直接死滅しないので 根気良く駆除しないといけないらしい。


モミジバフウ2

抜いたモミジバフウ 3m程もあったのに・・・
毛根(ヒゲ根)などはほとんどなかった。
昨年辺りから あの独特の果実が付き始めたので 楽しみにしていたのに (;_;)残念
(ネットで調べると コガネムシの仲間の幼虫が根を食べ尽くしたことによるらしい)
追加後記:発見されたコガネムシの仲間は オアドウガネだった。
昨年、今年と大発生状態だったが その後の幼虫被害によるものらしい。

アオスジアゲハ2頭

目下 アオスジアゲハの蛹化が進行している。
見つかっているだけで 8頭くらい。

時折 一枚の葉に仲良く憩う二頭の幼虫。
この二頭がこの先 悲劇を生むことになろうとは・・・




アオスジアゲハ蛹

蛹の大きさは3cm位   フムフム(>_<)
奥の方に大きな幼虫が居る。
撮影の翌日〜
この蛹の葉を見てビックリ


アオスジアゲハ受難

一応蛹化完了の蛹の葉にシールを貼っておく
でないと 葉裏の蛹はなかなか 見つけられないから・・・

そのシール部分と帯蛹の付いている部分を残して
すっかり食べられているではないか(;_;)
よくあることなのだが 未だ食餌用の葉っぱが残っている木だったので、
(幼虫1頭)そのままにしておいたのだが・・・
犯人は 奥の矢印野郎だ。
葉脈だけになった蛹には 大きな葉っぱを上に被せて、なんとか
蛹が葉裏になるようにした。


トガリチャバネセセリ(暫定)

トガリチャバネセセリ((暫定)) チャバネセセリと紛らわしいので 分かりにくい。
擦れ蝶とかで 鱗粉が取れて痛んだ翅は一層分かりにくい。



イチモンジセセリ

コチラは日常的に居るので 多分イチモンジセセリかと思う。


カワラケツメイ

カワラケツメイの豆果が成ってる🎵




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
小さな庭で写真を撮って楽しんでいます

Omagaeru

Author:Omagaeru

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アクリル画  コノテガシワの受粉滴 コメツブツメクサ ツノマタタケ ヤガタアリグモ アクリル ハルニレ ヒヨドリ アゲハ ハネナガイナゴ 帶蛹 蝉蛻至楽 コオイムシ 帯糸 センニンソウ ヒメマツバボタン アロニア キタテハ シュンラン ボンネットバス モミジバフウ リョウメンシダ 貝殻 垂蛹 ノアザミ アオオビハエトリ カギバアオシャク 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 クサキリ ヤゴ ペンギン ヒシバッタ 石膏人形 タチヒダゴケ 冬芽 メダカ キクザキイチゲ ウスグモスズ のと里山海道 カワカゲロウ オオアトボシアオゴミムシ キジバト オスグロハエトリの雌 オレクギエダシャク アキカラマツ クスノキ タンポポ リュウキュウアサギマダラ スズメ セッコウ ホオズキ 黒いアマガエル ヘリグロテントウノミハムシ キンキマメザクラ オオバジャノヒゲ 椎の実 コバンソウ クロトガリキジラミ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン カニノツメ ジョウビタキ コナラシギゾウムシ サカマキガイ 大雪 玉ネギ ボッチ 水滴 コナラ