あまがえる (おまがえる)の見た今日の虫達

アマガエル
久しぶりにアマガエル


アゲハ幼虫

柚子にいる アゲハの幼虫
終齢幼虫が続々とどこかへ遁走〜思わぬ所で蛹に成っている。
その多くは見つからないのだが、いやおうなしに目に付く所に付いて蛹化したものも。


アゲハ蛹

なんと新聞受けの網カゴの中に蛹が〜郵便物や新聞で事故に遭わないよう
急きょピンセットで保護柵?(写真右の蛹)
もう1頭はカゴの外側に蛹化。
編み目は都合が良いのか?


オンブバッタ

オンブバッタは 交接中が多く見られる


トリバガの仲間

トリバガの仲間
壁に止まっている時に発見しやすいので、トリバガの写真はいつも壁にて・・

アオスジアゲハ

アオスジアゲハの大半は蛹になって 来年羽化するのだろうか 10頭近くが眠に入った。
写真は先日の台風を避けるべく切り取ってきた ヤブニッケイに居たもの。
2頭のつもりが3頭隠れていた(@@;)
かなり大きく成長中
クスノキの鉢に添わせて置いてあるのだが 今の所 花瓶に挿したヤブニッケイの葉の
上で頑張っている。


ワタノメイガ(仮)

モミジアオイは うっかりすると この幼虫で葉がたちどころに食べられる。
枝を切り取って 空の水槽に入れてみたら 巻いた葉の中で蛹に成ったものも〜
モミジアオイの周辺でメイガが飛んでいるのが沢山見られたので ワタノメイガあたりだと
思うのだが・・・
大量の糞が下に落ちている。

ヤマトアカヤスデ?

モミの樹皮の剥がれそうな内側に 大量のコレが居た。
ヤマトアカヤスデ(仮)


カメムシの仲間

カメムシの仲間

ツマグロヒョウモン羽化

ほぼ毎日ツマグロヒョウモンが羽化している

毎日1〜2頭が蛹になったからで、それらが一週間程で羽化するのだ。
最後の幼虫が 明日あたり蛹化が見られそうで ほっとしている。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ