庭に来る野鳥と 赤い実

庭には雪と共に 赤い実レストランへヒヨドリが来る。
数組が順に回って来るので ほぼ数分置きに大騒ぎしている。

イソヒヨドリ

珍しいイソヒヨドリの雌らしいのが居た。
時々 ピラカンサの木へ降りているようだ。
ガラス窓2枚越しの撮影で、画像は不鮮明ですm(. .)m

イソヒヨドリ(ピラカンサ)
ピラカンサの中にいる。
動画から切り出した写真です。


ジョウビタキ

ジョビ子さんは 地面近くを移動しながら 赤い実を食べている。
野鳥写真はいづれも、2枚ガラス越しで、ピントは当てにならない。
外は終日ミゾレでドアを開けられない為・・・・



ピラカンサ 網
ピラカンサの実は 積雪が続いて 餌が無くなった時のために、網を掛けて野鳥の採餌の
ハ−ドルを揚げておいた。 ソレでも決死隊が網の目を透してつついて食べるので
半分は食われてしまった。


ピラカンサ網除去
羽を痛めても可哀想なので 今日、網を外した。
果柄が残っている。
(樹木の真上から写した)


ピラカンサ 実

網で入れなかった 下方や横の一部に まだ実が残って居る。
数日で無くなるだろう。
(真上から写した)

シャリンバイ

シャリンバイはヒヨドリが食べている。
止まりにくいらしく ホバリングでつついているが、果実が下に落ちることも多い。
糞に ほぼ未消化かと思われる果皮や種子が落ちている。
赤い実に競べてまずそうだが、冬の間には実は無くなる。


カラタチバナ
カラタチバナは 人気らしくすぐに無くなる。
少し種として残したい気持ちも有るが、葛藤の日々。
今日 小さな網を上に載せたが、下からは食べられる状態。



マンリョウ1
庭のそこここへ フン種子として まき散らされるマンリョウ。


マンリョウ2
数本が実を付けているので  まだ数日は持ちそう。


ヤブコウジ
ヤブコウジ



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

美味しいものがいっぱいのお庭なのですね。
珍しいイソヒヨドリも良いところをみつけてほっとしているよう(^^)
家は鳥が来ないので、食べ物を置こうかな。

No title

  かぜくさ さん こん♪♪は(^-^)
雪が積もった日は、赤い実が人気なようです。見つけやすいのでしょうね。  ネットなどでバ−ドフィ−ダ−に次から次と野鳥が来るのをみると、とても羨ましいですね。探鳥に出かけられないボクなどは、居間から鳥見です。♪
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ