寒 

柿
昨秋 柿の収穫後に木に残した柿です。 そう、木守り柿として一個を残したつもりだった。
残された葉が散った後に二個で有る事に気がつきました。(/_;)
そのうちの一個〜硬い状態のものを室内につり下げておきました。
数日で熟して落下するはずでしたが、硬いままで年を越しました。
ここに来て軟らかくなったので 落下してはいけないと、取り下ろしました。
野鳥の餌になれば 良いかな〜と



南天
同じ場所に置かれた南天。
右側の葉が残っている方の果実は 総てヒヨドリの餌になってしまいました。
左の葉が落ちた方は、果実がなかなか食べられません。
まずい? (>_<)?


ツヤアオカメムシとヒメリュウキンカ
ヒメリュウキンカの写真を撮ろうとしたら、あおいカメムシが。
アオクサカメムシかと思いましたが、何か変。 調べたら ツヤアオカメムシのようです。


ツヤアオカメムシ
ツヤアオカメムシ。
雪に埋もれて死んだのだろうか。
背中に泥がついています。


キジバト
庭には日に一回はキジバトが来ています。



スズメ後ろ
スズメの後ろ姿。

スズメ前
寒いのか脚までおなかの羽毛にかくしています。
こんな止まり方は 可愛くみえますね。


水入れ
"水" 入れ。
めだかのような小さい魚が・・・・泳いでいる(絵)


崩れて行く水
水が泳ぎ始めた・・・
崩れて行く "水"

カレンジュラ
カレンジュラは ”冬知らず”。 (^-^)
来週は寒気が日本列島を覆うとの予報が。           2023.01.17 記
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私もお正月に飾った南天の実を外に置いたのですが、食べる鳥はいないようです。
葉が付いていないとダメなんでしょうか!
スズメの止まり方が可愛いです♪
水と書いた字、不思議です~(^^)

No title

かぜくささん
野鳥は 人の思いと違う行動をとりますね。赤い実なら何でも食べるかと思いますが・・まずい物だとわかるのでしょうかネ

マンリョウなどヒヨドリにとって止まりづらい木は実が残りやすいですが、雪が積もって足場が出来ると すぐになくなります。

スズメ〜可愛いですね。今、庭から離れずに木陰に逗留している様なのが 一羽いるんですよ(^_^)v

「水」・・・・・・・・・^^;

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ