続々・ヒメリュウキンカの花

ヒメリュウキンカ

勢い余って 花被片が反り返っているようです。 (^-^)
奥の方は今日始めて開花した花が見えます。
開花には 日差しと気温が影響するように感じます。
*日中日差しがあったのに開花しなかった鉢を、暖かい室内に取り込んだら
 夕方だったのに(蛍光灯の光で)一気に開きました。
 3〜4月が 開花時期と言う事で、2月上旬の北陸では
 気温が低すぎるのだろうと思います・・・(私感)


ヒメリュウキンカ
今日始めて開花したものです。
花被片は 9枚 普通7〜12枚の花被片があるようです。
花柄の側から見ると 3枚の萼片があります。
萼と思われる3枚↓↓↓
ヒメリュウキンカ 萼
蕾の時にこの3枚が花被片を包み込んでいます。



ヒメリュウキンカ・メシベ
メシベだろうか 柱頭に葯が付いている部分も見られます。


ヒメリュウキンカ・オシベ
オシベの周り 花被片上に葯が落ちているのが見えます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヒメリュウキンカ
(写真追加)
トップの写真と同じ鉢です〜一日後は雨です。
開花2日目の花はしっかり閉じています。
開花数日目の花は 雨でも開いたままです。
このあと、黄色い色も褪せて白っぽくなります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ