スノ−フレ−クとアオスジアゲハの羽化


*スノ−フレ−ク (鈴蘭水仙)。
**アオスジアゲハの羽化。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スノ−フレ−ク

スノ−フレ−ク  
別名 鈴蘭水仙、大待雪草
通常は2個の花がぶら下がって付く。 (写真の右側の状態) 
白い花びらに緑のドットが とてつもなく可愛い。
かれんなベル型の花は人気だ。


スノ−フレ−ク
たまに花が全開して横を向いたり  上に向くものも見られる。

ネットでスノ−フレ−クの写真を検索すると、沢山の花が咲いている中に時折横向きの花が有ったりするが、少ないようだ。

================================

アオスジアゲハ羽化
アオスジアゲハの今期 第一号が羽化した。
蛹だった期間は半年と2週間位だ(写真のケ−ス)。


アオスジアゲハ羽化2023初
羽化翌日 かなり元気だったので 外へ放したら、一瞬で屋根の高さを遥かに越えて消えてしまった

クスノキにはあと5〜6頭 、玄関の壁に1頭 、室内の家具にも蛹が居る。
そのほかに どこで蛹化しているか全く分からないものも居るから、
突然羽化した蝶が窓辺に居る事もある。
毎朝 落ち着かない (^_^);


スノ−フレ−ク
スノ−フレ−クの横向きに開花しているもの
蕊が丸見え (-ε-);

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ