五月の風 石川門

石川門

石川門
兼六園の桂坂口と金沢城公園を結ぶ陸橋の先にある。




アメリカフウロ

アメリカフウロ
直立した茎が1メートル弱になることもある。




ダッチアイリス

ダッチアイリス
十数株有るのだが、今年はこのミックスカラー・タイプが2つ咲いただけ



ダッチアイリスとスズメ

スズメと アイリス
今や数羽の小雀が襲来状態で、鳴き叫ぶ声が隣家に嫌がられないか そちらが心配。


ホウチャクソウ

アヤメ ウラシマソウ  エンレイソウ ホウチャクソウ 

アヤメ マムシグサ

マムシグサ 
一本に実が成った。
庭に子苗が出ると言うことは・・・この実を播くだけで発芽するのだろうか。
最も増えて欲しいとは思わないのだが。




キングサリ

キングサリ
一度鉢にコガネムシの幼虫が入り込んで、樹勢が弱ったことが有ったのだが、
今や小さい鉢の中は根でいっぱい。多分コガネムシ幼虫が入り込む隙間はなさそうだ。
根回りが過ぎて 今度は別の意味で樹勢が弱りそうな気配。
毎年咲いて 種子らしいものを作るのだが 蒔いて芽が出たことがない。 ^^;


ボイセンベリ−

ボイセンベリ−(仮)
野鳥の糞から出た 野いちごの類だと思っていたのだが、クサイチゴとは何やら違う。
だいぶ昔、ボイセンべりーの種を蒔いた記憶が〜 ネームプレートも消え去って どんなベリーができるか
花は4っつという寂しさ(/_;)

アゲハ幼虫

アゲハ幼虫
 大雨を乗り切ったところ
 産卵された卵の大半が 激しい雨に流されたようだった



ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモン 羽化後 飛び去る直前



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お花や野鳥や蝶や虫たちがいつも見られる楽しいお庭♪
時間が経つのも忘れてずっと眺めていたくなりますね(^^)
スズメもオナガもうらやましいです(^^)

No title

かぜくささん
草花はほとんど鉢植えで、物足りない感が拭えません^^;
せめてもと 訪れてくれる数ミリから数センチの生き物たちを眺めて 日々を過ごしております。
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ