草と蟲

アメリカフウロ果実

アメリカフウロの果実
存在感がすごいですネ


ユキノシタ1

ユキノシタ
ネットで誤同定が出回り 緑の葉や紅斑の消失した花はハルユキノシタと書かれたサイトが多いようですが、
その多くはユキノシタのようです。
コチラは葉に白い葉脈状のものがありユキノシタで良いようです。
何よりランナ−で庭中にあふれ返っている。
庭では 何十年もユキノシタしか見ていません・・

ユキノシタ
ユキノシタ
写真のそれは紅斑が有るが 中にはほとんど白い花びらのモノもある。
庭にも黄緑様の花や緑の葉が見られ、別種ではないかと思ったこともあって、
検索を重ねたことも度々・・・・  (汗)
赤みを帯びたりみどりになったりで、環境の違いで違うようです。


ユウマダラエダシャク(?)とトリアシショウマ

ユウマダラエダシャクとトリアシショウマの花
蛾の止っている葉は ヤマブキショウマです。
ショウマと名がつく草が並んで植わって居るので、時々混乱(;_;)します。


テントウムシ幼虫
テントウムシ
コナラの葉にアブラムシが湧き、葉の上や葉裏にテントウムシの成虫と幼虫が
動き回っています。


テントウムシ

斑紋の色がオレンジや 赤でさまざま。
テントウムシの絵を描く際の、着色の参考までに撮ったのだが、胸部の白斑なども含め
みな個性的です。

ツチガエルとメダカ

夜のメダカと ツチガエル


ツチガエル

ツチガエルは警戒心が強く、池のそばに行くだけで 飛び出して池周囲の植物に隠れてしまいます。
写真は夜間で、カメラを近づけても 逃げませんでした。


ツチガエル1

アングルによっては とてもかわいい表情を見せてくれます。
ツチガエルが二頭居着いてしまい、その所為でしょうか、毎年見られる日本アマガエルが
見られません。周囲の家の庭からは アマガエルの鳴き声が聞こえるのに〜 (/_;)


ハゴロモの仲間・幼虫

ハゴロモの仲間 (幼虫)


テントウムシ レッド斑

テントウムシ


テントウムシ オレンジ斑

テントウムシ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ