庭の草木 実が付いている (6/19 追記あり)

不思議
不思議な実があるものだ。 写真は想像の果実。

ヤブニッケイ
ヤブニッケイ
果実はできそうに無いかも :D
ポロポロと落下中。


モクレン
モクレン
こちらも毎年果実になるのはわずか。
何故か落下する。


シロヤマブキ
シロヤマブキ
コチラは繁殖力強し。


アベマキ
アベマキ

「アベマキ追記」=ーーーーーーーーーーーーーーー=
この写真に「相生山からのメッセージ:森の妖精アイ 様」から
「アベマキのは虫瘤と思われます。時期は違いますが https://aioiyama.blog.fc2.com/blog-entry-2091.html果実の上に花柱の跡が残っているはずです。秋まで経過確認を。」とご指摘いただきました。
また「受粉当該年にしては大きすぎる、虫瘤ではないでしょうか」とご教示を賜り、
手持ち写真を数ヶ月遡って 探しました。 当初どんぐり小僧〜二年目春でしっかりした形を
していましたが、一月ほどで写真のように 巨大化していました。
教えてくださったように 虫こぶのようです。
以下 虫こぶを割った写真を追記します。

アベマキ
殻斗様のもの・・・虫こぶ
柱頭の様なものが見える。


アベマキ割る
花(果)柄の先、本来果実になる予定だったところ   σ(TεT;)
割ってみた。
堅果に成る部分の形が見える。
なんだか 周りがおかしいぃ・・・
そのまま 一晩おいてみた↓

アベマキ虫えい
一日経って再度見たら、茶色く腐ったような状態  (>_<);
殻斗に成る予定の場所も異常成長して、中まで何者かが入り込んだような痕。
黒っぽい何かが〜居るか〜手持ちデジカメでは 分からない。


アベマキ虫えい1
ご指摘頂いたように 虫癭(虫瘤)らしい。

アベマキ
花が咲いた時の写真(4月)が一枚ありました。
5月現在には昨年のどんぐり小僧が見えている。しっかりした形だ(拡大コラージュしました)。
雌花は雌花穂の中で未確認でした。
ということは・・・
どうやら この昨年の堅果に産卵されていたようだ。
わずか一ヶ月ほどでこんな状態になったということのようだ。
約七個見つかったがすべて同じ(大きな)状態だったので、すべて虫こぶ。
虫こぶには気が付かなかった。

「相生山からのメッセージ」(https://aioiyama.blog.fc2.com/
森の妖精アイ 様 ご教示賜り ありがとうございました。       
                            管理者 Omagaeru

=↑ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー↑=



参考:
去年の果実

https://ohmaga.blog.fc2.com/blog-entry-1533.html


プルーン
プルーン


コクサギ
コクサギ
比較的発芽しやすい。

ブラックベリー
ブラックベリー


カエデの仲間
カエデの仲間
蜘蛛

イシミカワ
イシミカワ
昨年、種をもらって植えたもの。  萼片が青く色づく。


キンシバイ
キンシバイ


マムシグサ
マムシグサ
大きくなってきた。

=ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー=
トップの写真は 🙂
ホスタ(ワイドブリム)と浅間プルーンの未熟果実の合成でした。(._.)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ