熱中症警報発令中 むしむし蟲

ワタノメイガ
ワタノメイガ
毎年 モミジアオイの蕾に孵化、青虫になる。
モミジアオイがそろそろ蕾を付けそう という時期には注意深く観察駆除する。
それでも青虫がいたので、紙コップに入れて置いたら、この成虫が現れた。
アオイ科を幼虫食餌植物とする。



オオコフキコガネ(仮)
オオコフキコガネ(仮) またはコフキコガネ・・・

銀灰色の毛がオオコフキコガネで 黄色っぽい毛がコフキコガネという大ザッパな区分けも有るが、
このコガネも別の写真では黄色い毛に写る。
オオコフキコガネは体が丸いとか 顔が小さいなど と言われるが
やはり素人にはわからないし 難しい。

甲虫(未定)
甲虫の仲間(未定)


虻蝿の仲間
アブ・ハエの仲間?  (未定)


ツチガエル
ツチガエル
実は我が家の池に2頭 いたのだが、夜にラブソングを歌うようになって、その鳴き声のうるささと言ったら・・・
近所に迷惑がかかること必須。 過去にアオマツムシの合唱で困ったことが有ったが、それ以来の庭のピンチ。
家のすぐ近くの用水路から 来たと思われるので、捕獲して それぞれ用水路へ返ってもらった。
(写真は用水路の水草に載っているところ)
ミニ池に近づくだけで、周囲へ逃げ込むので、2日がかりでやっと捕まえた。


イトトンボ
その用水路でイトトンボの仲間が交接中。
我が家へ来る水生昆虫は 大方 この用水路から迷い込むことが多いのだろう。
周囲に田んぼがゼロになった。用水路も多くが塞がれてしまった。
さいわいこの用水路は、かなり下流域にわずかに田んぼがあるため、この時期 水を供給しているようだ。
片側が小学校の壁になっていて かなり高い。

アゲハ

アゲハが 立て続けに羽化している。
家の何処かに蛹化していたもの。
雪囲いドアの内側に飛んでたので 知らない間に蛹になっていたもの。


アオスジアゲハ蛹緑型

アオスジアゲハが クスノキの鉢で蛹になったが、葉に似せて緑色。
葉脈そっくりの筋模様でカムフラ-ジュしていることが解る。



アオスジアゲハ蛹保護色
実は驚いたことに、ダンボールで蛹化したアオスジ〜〜
最初は緑色で蛹に成ったのだが、1晩経って 観て驚いた!!
ダンボールに似せた保護色に変化していたのだ。
緑色から褐色(ダンボールの色)型になっていたのだ。
新発見。
アオスジアゲハ帯蛹
前蛹時の様子


アオスジアゲハ幼虫
先日少ししか無い新葉に産み落とされたアオスジだが、孵化した途端 堅い葉に取り残された形に。
いくらか柔らかい葉のクスノキへ集団移転させた。
8頭も居たのに驚いた。

アオスジアゲハ幼虫1
若くて軟かな葉へ移動。  それぞれに暮らし始めたが・・・・
嬉しくて糞のお礼か。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ