アオスジアゲハ羽化 2態  モミジアオイ

モミジアオイ
モミジアオイ
一日でしぼむ ^^;


アオスジアゲハ羽化(ダンボールカラー)
アオスジアゲハ羽化
過日 ダンボールに蛹化して、蛹の色がダンボールにそっくりだったケース。
保護色にしては出来すぎだった・・・
7月31日羽化

アオスジアゲハ羽化(ダンボールカラー)
放つと プルーンの木で一休み。
ボロボロの葉は コガネムシの食痕
果実も同様 コガネムシが群がって食べている・・・にっくき奴
(アオスジアゲハの報告なのだが、プルーンを食害するコガネムシ憎しで ついつい書いてしまいました^^;)


アオスジアゲハ羽化(クスノキ)
アオスジアゲハ羽化
クスノキの葉裏に蛹化したもの
下の方に 蛹殻



アオスジアゲハ羽化
しばらくしてガラスドアの下に・・・
アルミサッシは日に焼けて熱い。
あまりの暑さに火傷しては可哀想なので 手ですくって 放つと ナラガシワの盆栽にとどまっていた。

たいてい朝方 羽化後のアゲハやアオスジアゲハを発見するのだが、翅が乾いて飛翔できそうだと
思えるときには いつでも外へ飛び立てるようにドアを開け放っておく。
ただ ここ一週間猛暑日で熱帯夜が続いている。(2023年7月〜8月)
蝶🦋にとっても厳しい過酷な環境だと思われる〜〜〜無事を祈りたい熱波の日々。


アオスジアゲハ幼虫
半室内に置かれた クスノキには7〜8頭の幼虫が生活中。
タブノキの僅かな新葉に産み落とされたのを、1齢か2齢幼虫の時に、強制的にクスノキの葉へ
移動させた。問題なく食べていて、夕刻にはムシャムシャ食べる音と、ポトリ ポトリという音が
錯綜している。


キュウリとトマト
キュウリ  暑さのせいで水不足か くる〜〜んと・・・右上。
トマトは庭仕事の度につまみ食いできる♪♪
やはり暑さのせいか熟するのが早い。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ