プラナリア(仮)  謎の水棲生物達

プラナリア1
プラナリアと思われる。
空気中で撮影。

以下は水中の生き物を水面上から撮影しました。↓
プラナリア

プラナリア
いくつかに切り分けても 頭部を備えた形に再生することで知られている。
コチラは横に広がっている形


プラナリア4

メダカの水槽の水替えで見つかった。
ここ数日で15頭程が見つかった。
小さな鉢底皿に入れておいたら 死んでしまった (/_;)
20度Cより 冷たい水が生存環境らしい。
今夏の室温では冷房を切ると、水温が↑↑↑


プラナリア5

寄り目に見えることから ひょうきんに思われるのだろう。
お尻が少し欠損しているように見える。

プラナリア2頭

自在に形が変わって 点状から 棒状までさまざまに・・・


プラナリア3

いずれのプラナリアも 現在の大きさは肉眼では見つけにくい小ささなのだ。
本来1〜4cmになるらしい。
メダカ飼育の方は駆除対象になるようで、駆除剤も売られている。


プラナリア2

動いているときの標準的な形。
三角頭。

プラナリア2頭2

Planariaの源意は平たいものと言うらしく
水中でUタ−ンするときなど 薄くて平たいのがよく判る。
日本語はウズムシ(渦虫)

プラナリア赤色

赤い色が からだ全面に透けて見える。
〜〜赤虫でも食べたのだろうか?

プラナリア・赤虫
10
赤いのは 赤虫
横に居る2頭のプラナリアが いかに小さいかが分かる。

プラナリア2頭3
11
非常に小さいもの(左)と大きなもの(右) 2頭が写っている。


水棲生物1
プラナリアを撮影していると 謎の水棲生物が現れる
とにかく泳ぎが早い!
ダニのような形態

水棲生物
コチラはわらじ虫風



スポンサーサイト



tag : プラナリア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ