暑いです

ツタウルシ
ツタウルシだろうか・・・

シロヤマブキ

シロヤマブキの実
花の時は目立たなくて 幾つか花が咲いたなぁと思っていたが 真っ黒な実になると 存在感がある。
今日 種を土に埋めてみた・・・

イタチササゲ
イタチササゲ(頂き物:去年に次いで咲いてくれた)

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンの産卵が 引きも切らない


アブラゼミ
アブラゼミが空蝉の数からも すでに100羽くらいは羽化した様子。
散水時に 木蓮やヒヨクヒバ 珊瑚樹のように 当家の庭では2m程の高い木に 水をかけると
一斉に飛び立つ。 周辺の民家の軒先や 木製の補助電柱があって 其処に止まって鳴き続ける。
蝉時雨は情緒を越えて うるさい (T_T)
---写真は 水を撒いた際に 慌てて池に飛び込んだ蝉
慌ててすくい上げたが・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お庭の土の中には今何匹のセミの幼虫がいるのか、想像がつかないですね!
夜、庭を見るのですが、セミの羽化はなかなか見られません。
抜け殻は時々見ますが、家はセミは少ないようです。
鳴き声もあまり聞かないのですよ。
うるさくなくていいですが(^^)

ツタウルシだったら紅葉がきれいでしょうね。
昔は若いツタウルシの葉は分かったのですが、最近は分からなくなりました(^^)

No title

かぜくささん こんにちは (^.^)

 暑すぎて 夏ばて状態です。(*´д`*)
こんなに暑いのに 庭は虫カーニバル?
かつて30年来 異常と思えるほど アゲハが十翅ほど乱舞。
ツマグロもかなりの密度で飛来と産卵を繰り返しています。
シオカラトンボが産卵。アブラゼミは17年ゼミのような集中羽化中・・・・なんか 変です。
写真を撮れたら良いのですが、この暑さで部屋から眺めるのが関の山  (^_^;);
ーーーー
話題は変わりますが、蔦漆では無いでしょうかね。
幼木かなと思って一応かぶれを警戒してはいます。
本格的な蔦漆の写真では鋸歯のようなギザギザが有りませんが・・・これはギザギザがあって 違うのかな・・・
チョット調べてみます (¨;)

いつも ありがとうネ  (_ _)
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ