ムシの来る庭


昆虫が来る庭にしようと 山の草木を植えたのはいいけれど、大きくなりすぎて 今までに何本かの木を切ってしまった。
コナラも切り詰めるのが限界か? マルバアオダモ(右)も雄しべか雌しべか房状のものが落ちて木の下に行けない。 
コナラ(左) アオダモ(右)

コナラはアオダモの後にシベが落下し始める。
ミニ池にも写真の様に落ちて(;_;)  掃除が大変
池に落ちたコナラの雄しべ残骸

ヒメカンアオイと思われる
植えっぱなしだと 根元が盛り上がってきて 見栄えが悪くなる。
先日 家から500メートルも離れていない所にニホンカモシカがきたそうだ。
同じく海岸の町に熊が出て 可哀想に駆除された。
いずれも町の中の道路を幾つも越えなければ出現しない場所でミステリー扱いされている。
この流れで 「ギフチョウが庭に」となるのが夢    ........┌(’’)┘
ヒメカンアオイ

ユキヤナギの花後?
ユキヤナギの花後

今日 トリバガの一種がいた。
名前など分からないが、オダマキトリバというのが居るようで、庭には今オダマキが沢山咲いている。
検索したら どうも違う蛾のようだ。 蛾は名前を知るのも難しい。 (;_;)
トリバガの一種
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつもながら素敵な池ですね。
木々も茂り、シベも落ちて、お掃除は大変そうですが楽しそう(^^)?

アイさんの言葉「自然に守られてる」にジーンとしました。
こんなふうに考えたことなかったかもしれません。
力を貰っているとは思っていましたが。
すばらしいですね。
私自身も確かに自然に守られてきたと実感することがあり、泣けました。
Omagaeruさんとアイさんに感謝です。

感謝

かぜくささん
 おはようございます。

このところ、苔を見る時間も長くなって〜
ところが コナラの木の下は苔の上にシベが落ちて、昨日の雨でべっとり状態。
山では 養分となって地に還るのでしょうが・・・ (;。;)

アイさんのお話は 素敵ですね。

ボクの場合〜自然にいだかれている感覚・・・あるとすれば〜
その感性は半分かぜくささんの受け売り状態で・・・
 接し方も知識も「私の回り道」で学びました  m(._.)m 感謝感謝
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ