どんぐりから

ハルニレの木

畑の側のハルニレの木
春に種子が舞い落ちて、畑に数本が芽生えた。

コナラシギゾウムシ(?)

ナラガシワのどんぐりを拾ったが、数匹の幼虫が・・・・・
コナラシギゾウムシだろうか。
”しいな” からも抜け出た痕があったが、こんな小さなところで成長できたかと疑問になる。
シイナの孔の古さから、写真の幼虫はこのシイナから出たモノでは無いと思われる。

どんぐり1

何とか 艶を保存できないかと 絵画用のフィキサーチをかけて 布で拭ってみたが、あまり効果が無さそう。

どんぐり2

シリコーン潤滑剤をかけて、ストッキングで拭ってみたが、↑(FIXATIF)よりは光っている。
いずれ 中から枯れてきて 殻も艶を失うのだと思う。

ナラガシワ1

シリコーンをかけた直後

ナラガシワ2

ストッキングで拭いた後、適当に殻斗に合わせてみた写真
まだ 少し艶が残っている。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ