どんぐり

赤とんぼ
あかとんぼ(アキアカネ)

シラカシの林
シラカシの林
それぞれ微妙に違う種類が見られる
(ココでは三種類)

シラカシのどんぐり

シラカシと思われるどんぐり
(写真は 2017.11.10現在)


イチョウ
このどんぐりの親はイチョウかと思うくらいに イチョウの葉に埋もれている・・・
(/_;)

次ページもどんぐり写真(-ε-);↓↓↓
ナラガシワ

ナラガシワの 殻斗だけでも拾おうと出かけたら、果実も落ちていた(^^)v



以下 シラカシとアラカシの写真
先端の突起の違いも色々

acorn1
その1
(自分では 黒長君と呼んでいる)
葉は同じ個体からのもので、左の幼苗も多分木の真下なので 落ち葉と同類と思われる。
殻斗が付いたままの実も多数見られる。

acorn2
その2
(自分では あまりに丸いので 超丸君と呼んでいる (^_^);)
とにかく毎年(一年堅果(ドングリ))この丸さなのだ。
殻斗は落下前、あるいは落下と同時に離れるようだ。
樹下には 殻斗が付いた実はほとんど見られない。
殻斗は薄く 直ぐにひしゃげて実が戻りにくい〜
果実が殻斗に押し出され易いということだと思う。


acorn3
その3
柱頭、花被がヘコんでいる。 首もほぼ平らに。
先頭が扁平に見えるどんぐり(葉はシラカシの特徴[その7]写真参考)

acorn4
その4
アラカシか・・
先端が乳頭状(葉はアラカシの特徴)

acorn5
その5
アラカシか
先端がコーン(円錐)の様にスムースに見えるタイプ
(首部分にステップが無い)(葉はアラカシの特徴)

acorn6
その6
どんぐりから名前を推測するのは ホント難しい。

acorn7
その7
どんぐり先端は扁平


アラカシ

昨年UPした アラカシと思われる堅果
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

シラカシの林に自分がいるようで、とても楽しいです。
先端部分や葉などアラカシと紛らわしいことがあるのですね。
あまり気に止めていなかったので、どこかでシラカシ、アラカシを見てみたくなりました。

つやつやが長く続くといいのですけど、Omagaeruさんはいろいろ工夫していますね(^^)!

No title

かぜくささん 今晩は
ドングリの名前を書かずに 済めば心もゆったり出来るのですが〜
(^_^);

ドングリに シリコンスプレーを掛けましたが、どうやら一日で色あせてきました。
表面の艶々感は保たれていますが、中から変色してるようで、失敗です。

ネットでも色々工夫が書かれていますが 今いち(;_;)
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ