実や種

ナラガシワどんぐり

ナラガシワのどんぐり

モミの種子

モミの種
球果、鱗片:(種鱗と苞鱗からなる)右上半分
   種子と翼 右下半分

シラカシ1

シラカシ?のどんぐり

シラカシ2

シラカシ?のどんぐり
形が変わっていて 先頭部がヘコんで全体が樽のように見える。

-------
イイギリの果実と種子1

イイギリの果実を割ってみた

イイギリの果実と種子2

沢山の粒状の種子が入っている

イイギリの果実と種3

一個の実から59個の種子が・・・

イイギリの種子

横断してみた(中)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

どれもいいですね~。
素敵な木の実の絵本を見ているみたいです♪
樽型も魅力的です!
モミの実も好きな香りが漂ってきそうです。
イイギリは実がたっぷりとついて豪華ですね!
種の中を私は見たことがなかったような気がします(^^)

No title

かぜくささん    こん♪♪は

天気予報に雪マークが入るようになりました。
野山の木々の実りも少しずつ 減っているでしょうか・・・

イイギリは野鳥が大好きだと言うことで、コレを播いて実のなる木になれば「冬のヒヨドリ」に・・・・
などと空想しましたが (^_^); 実のなる頃には 僕は居ないですね。
果実には 60個ちかいツブツブが入っていました。

No title

シラカシのドングリは艶々ですね。こちらもシリコンスプレーしたのでしょうか。
シリコンをスプレーするという斬新なアイデアに驚きました。

イイギリの種子は野鳥の餌になるのも知りませんでした。
いつかの機会に採集できたら、冬の間の餌台に置いてみようかなと思いました。

有り難うございます

         konpas 様

 拙いページを覗いて頂き有り難うございます。
貴サイトにはキノコの検索で いの一番にたどり着きます。
(^.^)(難しいのでスゴスゴ帰って、失礼しています)

ーー
どんぐりの色つやを いつまでも新鮮状態で残したいという思いは常々ありましたが、煮沸したりしても失敗ばかり(^_^;)
シリコーンスプレーは 目下数日間は 艶々しています。

キノコの場合も 採取時の状態が長く保存できる方法が有ると良いですね。
朽ちていくのが次世代の役にたつのは 生き物の宿命でしょうかネ
イイギリの実は ご近所さんが「キャラ玉」よと言って下さったもので、イイギリかどうかも定かでは無いんです〜〜
ネットで 野鳥がついばんでいる実がイ イギリと似ているので、そう思い込んでいるのですが・・・
野鳥もご専門のKonpas様に 言及されると 不安になります(¨;)  

こんど (飾りから)すこし 実を取って 餌台に置いてみます。

ご訪問下さり 有り難うございました。
あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ