アキニレとハルニレの葉っぱ

ハルニレ鉢2

アキニレの鉢植
初期の葉は小さく、新しい枝は大きな葉を付ける

ハルニレ鉢

ハルニレの鉢植

ハルニレ枝

上のハルニレの枝
葉の先は比較的尖る


アキニレの実

アキニレの葉と実があったので 並べて見た
緑色の大きな葉は ハルニレ


アキニレハルニレ

葉だけ見る
右下がハルニレ   他はアキニレ
アキニレは枯れつつあるが 表面が艶々しているのが特徴

鋸歯はハルニレは重鋸歯で乱雑 触ると柔らかい葉だ
アキニレは鋸歯が整然としている、触ると厚く堅い



アキニレハルニレ2

チョット新鮮なアキニレの葉(左二枚、表裏)
やはりアキニレは艶やか(成木から採取)

ハルニレの葉脈は深く、裏に突出している(鉢植から採取)

アキニレも主脈は突出するが 他はその顕著さは無い
比較的平坦

アキニレ葉裏

アキニレの葉はスベスベした指触り
葉裏には側脈の付け根には毛叢が見られる
大きい葉はハルニレに似てザラザラ感もある

アキニレ葉裏拡大

枯れたアキニレの葉裏拡大
主脈は突出するが 微毛で目立たない


ハルニレ葉裏

ハルニレは葉の表裏共にざらざらしている
毛のように見えるモノがびっしりある所為だと思われる

ハルニレ葉裏拡大

ハルニレの葉裏
主脈、側脈、脈の間 全てに白い毛のようなモノが生えている
この所為で 指触りがモフモフ(?)している (*^^)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

アキニレは小さくて整った、しっかりした葉ですね。
ハルニレは左右対称でなかったりして、葉の元の方がズレたりしているところが面白いなと思います。
ハルニレの葉も改めて観察したくなりました。
また、オヒョウも同じ仲間ですが、実を見たことがなくて、いつか見られるときがあるでしょうか(;_; )

No title

かぜくささん (^^)
名前も形も似た果実や葉っぱですが、分かり易い違いがあると、素人同定が楽になりますネ
一枚目の写真が「ハルニレ」となっていました。間違いを指摘下さって有難うございます。

話が逸れますが、アキニレの葉は直感的にはスベスベが目立つので ついつい艶々と書きましたが、マズイかな(^_^);
若いアキニレの葉は 短毛があり側脈の付け根には毛叢があって、手触りではハルニレに似ていますね。
庭に名札を失った楡の幼木があって、アキニレだったはずと思っていても、触るとざらざらしていて、確信も揺らぎます。(>_<)
毎日こんなあやふやの繰り返しです。

間違っていたりしたら 何でも教えて下さいね。
------
おひょぉぉぉ~ (@@;)

植物ハカセのかぜくささんにも、出逢っていない実があるなんて・・・
早く入手出来るといいですね 。

あたらしい記事
直近のコメント
miniアルバム
カテゴリ
リンク
おまがえる の庭で(月別保存)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
タグ(ブログ内検索)
記事検索タグ

アオスジアゲハ スズメノヤリ アゲハ アクリル画  コメツブツメクサ コノテガシワの受粉滴 ツノマタタケ アクリル ヤガタアリグモ ハルニレ ヒヨドリ リョウメンシダ 垂蛹 帯糸 蝉蛻至楽 貝殻 ヒメマツバボタン ハネナガイナゴ 帶蛹 コナラ センニンソウ カシワクチブトゾウムシ クジャクサボテン メダカ シュンラン ボンネットバス アロニア モミジバフウ 石膏人形 アオオビハエトリ カギバアオシャク クサキリ 台湾の蝶 あまがえる 水彩画 多肉植物 ヤゴ 冬芽 ヒシバッタ キクザキイチゲ キタテハ ペンギン クロトガリキジラミ ノアザミ タチヒダゴケ コオイムシ ボッチ セッコウ スズメ タンポポ 黒いアマガエル ホオズキ アキカラマツ クスノキ リュウキュウアサギマダラ マムシグサ プラナリア 雲南百薬 デュランタ アナカリスの花 アメリカピンクノメイガ タイワンタケクマバチ アピオス カワカゲロウ のと里山海道 ジョウビタキ 水滴 玉ネギ カニノツメ 椎の実 オオバジャノヒゲ ウスグモスズ 大雪 コナラシギゾウムシ オレクギエダシャク キジバト オオアトボシアオゴミムシ オスグロハエトリの雌 ヘリグロテントウノミハムシ サカマキガイ キンキマメザクラ コバンソウ